【予測不可能な世界を生きる】私は人生の攻略本なんていらない。

need
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

4月の始めに、FFⅦについての記事を書きました。

 

 

この記事の書きながら、1つの問いが生まれました。

 

『人生の攻略本があったら、手にするかしないか。』

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響もあるのか、

仕事をしていても、

家で過ごしていても、

職業観か人生観について考えてしまうことが増えています。

 

よって、上記の問いについても色々考え続けました。

ずっとモヤモヤしていましたが、今、やっと1つ抜けた感があります!

そんな想いをここに書き綴ります。

 

目次

人生の攻略本ってなに?

 

人生の攻略本とは、自分の人生に起きるイベントが全て記載されています。

そして、「こう選択して、こう行動すると1番うまくいくよ。」と人生を1番効率よく最適にハッピーエンドが迎えられる方法が示されています。

 

 

例えば。結婚相手。

『学生のとき出会う人とも結婚できるけど、10年後に出会う人と結婚した方がメリットが多いし、幸せになる』と記載されています。

 

例えば、就職。

『最初はA社に就職せざるを得ない状況だけど、のちに転職イベントが発生。そのときはこの職業を選択するのがベスト。すると、こんな特殊能力が身に付く』と記載されています。

 

 

人生の攻略本を手にすれば、未来に起こる様々なイベントを事前に知ることができます。

そのときの選択によって、ゴールがどこにたどり着くかもわかります。

 

自分の人生全てを知ることができ、ベストな攻略方法が記載されている。

それが、人生の攻略本です。

 

私は人生の攻略本は手にしない。

 

人生の攻略本を手にするかしないか。

この問いを何人かにぶつけてみました。

すると、割と多かった答えがありました。

 

”使いたい時だけ、使う。”

 

これって、すごく賢い使い方です。

仕事上の攻略法は知りたいけど、結婚相手に関しては知りたくない。

自分で使い所をチョイスするというのです。

 

 

私には無理(´;Д;`)。

絶対に全部見ちゃう。

 

 

これ、実体験からそう思います。

ゲームの攻略本を使うとき。

最初は「基本自分で進めて、わからないところだけ見よう」と思っていました。

でも、そのうちずっと攻略本を片手に進めているんです。

 

そんなもんですよね。

どうせやるなら、悩まず失敗せず進めたいし。

 

 

だからこそ、人生の攻略本に関して、私は思います!

 

 

私は、人生の攻略本は手にしない!!

 

 

私の人生は、私がハンドルを握っていたいです。

 

人生は作業じゃない。

 

もし、人生の攻略本を手にしてしまったら・・・

人生、めちゃくちゃうまくいくと思います。

 

いろんな人生イベントに関して選択肢が用意されていて、

どれを選べばどうなるか教えてくれるし。

 

人生の攻略本を駆使することで、損をしない最高の人生になるでしょう。

でも、それが私は嫌です(´ཀ`」 ∠)

 

人生の攻略本通りに進めていったら、

それはもう、人生が作業でしかないから。

 

自分の意志で人生を進めているようで、

本当は攻略本通りに進めているだけになってしまいます。

 

結果はいつもベストだし、良い経験をいっぱいできるかもしれませんが、

それって楽しいのかなと疑問に思います。

 

 

実際、攻略本通りにRPGをやると、

洞窟にある宝箱は全部回収できるし、ボスはどのくらいのレベルで倒せるかわかってるから負けません。

結果、最高の形でエンディングを迎えられます。

これはこれで楽しいけど、自分の人生もそれでいいのか。

 

作業的にこなす人生って、大切なものが抜け落ちていると思います。

 

私は失敗して、人の優しさに触れたいし、誰かに優しくしたい。

 

人生の攻略本を駆使し、作業的な人生になると抜け落ちるもの。

それは、

失敗する経験。

 

 

失敗することって、恥ずかしいし辛い。

なるべくなら避けたいものです。

私も5〜6年前までは心の底からそう思ってました。

 

でも、今は「失敗したい」とさえ思っています!

(すいませんちょっとカッコつけました。できれば避けたいと思う日もあります)

 

 

失敗のいいところ。

色々あると思いますが、1つは成長のきっかけになります。

あの有名なジョン・デューイ先生もおっしゃっていますしね!

 

 

そして、個人的に失敗のいいところは、

”自分に誰かが優しくしてくれる”ことです。

 

この世界は優しさに溢れていて、

自分が失敗していると誰か1人は優しくしてくれます。

この瞬間が本当にありがたく感じるのです。

 

優しくされると泣きたくなる。

スラムダンクの桜木花道も同じことを言っていましたが、

こういう感情になれることが失敗のいいところ。

 

そして、失敗して落ち込んでいる誰かに優しくしたい。

これも私にとって、人生を進めていく上で必要なイベントだと思います。

 

人の痛みを共有して、理解しようとする。

これがないと、他人に対して優しくなれることなんてないでしょう。

 

 

誰かに優しくされて、

誰かに優しくしたい。

 

 

これがあるから、人生楽しいんだろうなって思います。

 

失敗することを取り除いてしまう人生の攻略本。

私はうまく使いこなすことなんてできないし、いらないです。

 

予測不可能な世の中がきっと楽しいし、

その中で大切なのは”他人への優しさ”です。

 

スッキリ。

スポンサーリンク