【栃木県川治温泉】銀河鉄道が奔る『湯けむりの里 柏屋』が素敵すぎ!

スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

1月に栃木県にある川治温泉に行ってきた。

宿泊したのは『湯けむりの里 柏屋』

 

 

すごく良かった!

窓から銀河鉄道が見えるんですよ!!

 

 

今回はこの素敵な旅の思い出を書き綴る。

温泉でも行きたいなーと思っている方は、ぜひこの記事を読んで『湯けむりの里 柏屋』さんを検討してみてはいかがでしょうか!!

 

目次

柏屋の温泉

 

今回、私が訪れた川治温泉は栃木県日光市にある。

 

住所:栃木県日光市川治温泉川治

アクセス:野岩鉄道川治湯元駅下車、徒歩10分
     鬼怒川温泉より車で約20分

 

東京都内からは車で約2時間半。

 

■川治温泉とはどんな場所か

男鹿川と鬼怒川が合流する渓谷に佇む静かな温泉郷。
開湯は江戸時代で、会津街道の宿場町として、また湯治の場として古くから親しまれてきました。泉質はアルカリ性単純泉で、神経痛やリウマチなどはもちろんのこと、特にケガに効能があるといわれています。
景勝地「龍王峡」へ続く遊歩道も整備されており、緑の匂いや川のせせらぎを感じながら散策やトレッキングを楽しむことができます。

引用:日光旅ナビ(日光市観光協会公式サイト)

 

川治温泉は、ケガに効能がある。

ケガに効く温泉なんて、がんばれゴエモンに出てくるお風呂のようだ。

 

実際訪れてみて感じたのですが、文字通り渓谷に佇む静かな温泉郷だった。

旅館でゆっくり過ごしたい方には持ってこいの環境だ。

 

私は『露天風呂付貸切風呂 だんらん』を利用してみた。

 

写真:湯けむりの里 柏屋公式HPより

 

すごく広い。

 

家族5人とかでも余裕で入ることができる。

清潔感もあって不快感一切なし!

ベビーバスがレンタルできるし、脱衣所も広いので、赤ちゃんがいても快適に温泉を楽しむことができる。

 

 

温泉は、もちろん気持ち良すぎる!!

 

温泉はそもそも気持ち良いものですが、それがわかっていても「あー気持ちいいわー。」という王道のセリフがナチュラルに飛び出してしまった。

硫黄くささはないので「普通のお湯じゃね?」と思って今うほどですが、温泉から上がるとよくわかる。

温泉特有の身体の芯まで温めてくれている感じ。

いつまでもポカポカしているし、肌あたりも良かった。

内湯、露天風呂の温度も熱すぎず、子どもから大人までゆっくり入ることができる。

 

 

私の個人的な問題ですが、温泉でとても大事にしているポイントがある。

それは、シャワーの水圧!!

水圧が弱いところが苦手なのですが、柏屋さんはノープロブレム!!

 

水圧バッチリ!!

快適に洗い流せるシャワーだった。

 

利用料金は50分で3000円(税別)。

とても素敵な温泉だったので、50分があっという間だった。

 

柏屋の客室

 

私が宿泊した客室は、窓からは広がる山々の四季を楽しめる本館『月見亭』。

写真:湯けむりの里 柏屋公式HPより

 

もう、最高っ!!

 

いわゆるジャパニーズ旅館のお部屋。

 

部屋のサイズ感、座椅子やテーブルの気取っていない感じ。

今っぽく洗練されているというより、「あーやっぱこの感じが落ち着くよね。」と思わされる極上のお部屋。

 

そして・・・

布団も最高!

 

私、ホコリ等に関するアレルギーもちなのですが、布団を敷いてもらった後でも一切反応せず!

ちょー清潔にしてくれている!!

 

柏屋のお食事

 

夕食は季節によって様々なプランが用意されている。

今回頂いたのは、メインがビーフシチューの”湯けむり膳”

大変美味しいお料理を提供してもらったのですが、その中でいくつかをご紹介した。

 

■焼物 大田原産岩魚炭火焼

個人的に焼魚にかぶりつくことが苦手で、このパターンのお魚を好んで食べる方ではない。

でも、これはめちゃくちゃ美味しい!!

 

このお料理は、旅館内で焼いている。

実際炭火で焼いているのを見ることができるので「あのときのお魚か!」とちょっとサプライズ感がある。

 

■温物 栃木の野菜と海鮮鍋

鍋でハズレなんてないと思いますが、こちらのお鍋も抜群の美味しさだった。

写真でもわかるお鍋から発生する湯気!

なんか、湯気まで美味しく感じた!

海鮮のだしもしっかり出ていて、身体に優しいお味。

体が欲する美味しさがあった。

 

■追い皿 神釜みぞれ和え

こちらのお料理は、オシャレなお味だった。

くりぬいた柿の中に、貝柱、胡瓜、なめこ、天苺の和え物が入っている。

もちろん、お皿の役割をしている柿も食べることができる。

メインの前にこのお料理を挟んでくるあたり・・・

センス!!

 

■洋物 柏屋特製ビーフシチュー

まずいビーフシチューなんてこの世に存在しない。

当然このビーフシチューも極上のお味だった。

「美味しくなるまで煮込みました!!」と言わんばかりのコクと牛肉のホロホロ具合。

 

そして、私が感動したのがビーフシチューの量。

 

旅館の夕食あるあるですが、メインの前にお腹いっぱいになっちゃうことが多い。

今回もそうだった。

色々美味しいのでガンガン食べて、お酒も飲んで。

そうすると、メインが提供される頃にはかなりお腹いっぱい。

 

でも、柏屋産はそこも計算済と言わんばかりに、しっかり楽しめて食べ切れる絶妙の量を提供してくれている!

このサイズ感には、ものすごく感動してしまった!

 

数々のお料理。

大変美味しく頂きました!

ごちそうさまでした!

 

銀河鉄道

 

今回『湯けむりの里 柏屋』さんに宿泊して1番素敵だと思ったのは、部屋&温泉から見える銀河鉄道だ!

 

銀河鉄道とは、メーテルが乗ってるあれ!

銀河を翔る鉄道を見ることができるのだ!

 

どういうことかというと、旅館から川に鉄橋が見える。

周辺は自然に囲まれているので、夜になると電気もほぼなくて真っ暗。

そんな中、電車が通過すると「まるで銀河鉄道に見えるね!」という具合だ。

 

 

今回、その銀河鉄道が走る様子をスマホで撮影してみた!

ご覧ください!

 

 

 

 

 

どうでしょうか!?

微妙でしょう。

 

 

私もそう思う( ̄▽ ̄)

動画で撮ったら、なんか普通に電車が通っているようにしか見えない・・・

 

 

しかーしっ!!

生で見ると、動画の2億倍ステキだ!!

 

こういうのって、五感で感じるものがある。

川や電車の音だとか、山の向こうに抜けて見える空の奥行きとか、現場の雰囲気とか・・・

 

そういったものが相互作用を起こして、現場ではすごくムードある銀河鉄道に見える。

メディア等にも取り上げられいるようなので、なんだかムーディーでセンチな夜を過ごしたい方にはおすすめ!!

 

まとめ

 

私が宿泊した日は、雪が降っていた。

それがまた格別な雰囲気を作り出して、本当に最高の時間を過ごすことができた。

 

個人的に、温泉は冬がいいなと思う。

露天風呂入ってても、虫が来ないし!

 

寒くなったらお湯に使って、熱くなったら出て・・・

みたいのを繰り返しながら、何か考えたり考えなかったり。

 

そんな穏やかな時間を過ごすには、『湯けむりの里 柏屋』さんはうってつけ!

 

勝手にごり推ししていますが、ちょっと気になった方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク