先生の役割は楽しそうに騒ぐこと

先生の役割は楽しそうに騒ぐこと
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

子どもの頃の話です。

 

 

 

夏休みにクワガタを捕まえて、家で飼っていました。

 

エサは、クワガタ用のゼリーを用意していました。

 

私はクワガタがゼリーを食べる瞬間が見たくて、ずっと見ていました。

 

 

しかし、全く食べません。

 

ゼリーがある方向とは逆に歩き出す始末!!

 

私は強引にゼリーの前まで連れて行きます。

 

 

でも、クワガタはゼリーをシカト。

 

「今はいらないんすよ。」

 

そう言っているように見えます。

 

 

どうしてもクワガタがゼリーを食べるところが見たい。

 

 

自分の欲求が抑えられなかった私は、クワガタを縦にして、ゼリーにぶっ刺しました。

 

子どものやることは卑劣です。

 

クワガタもそんな姿勢で食事したことがないでしょう。

 

食べたくても食べられるような状態ではありまん。

 

そもそもクワガタの口ってハサミの真ん中で合っているのか?

 

 

急に冷めた私は思いました。

 

 

「いくらゼリーを食べて欲しいと思っても、食べてくれるかどうかわからないんだな…」

 

 

 

みなさん!

 

これと似たようなことわざがあることをご存知ですかっ!?

 

 

そして、そのことわざから先生の役割が見えてきたのですー!!!

 

 

イギリスのことわざが意思決定の本質を秀逸に表現している

 

イギリスのことわざで次のようなものがあります。

 

 

You  can  take  a  horse  to  the  water, but  you  can’t  make  him  drink.
(馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない)

 

何事も最終的に決めるのは本人だという意味です。

 

 

まさに私の経験と一緒!

 

 

クワガタをゼリーにぶっ刺すことはできても、食べさせることはできない!

 

このことわざを体感していたので、伝えたいことはビシビシわかります!

 

そして、このことわざが先生の果たすべき役割を教えてくれているのです。

 

 

 

例えば、授業するとき。

 

 

こちらがどんなに教材を工夫して、ものすごく楽しく内容が理解できるようにデザインしていても、やってくれない子っているのです。

 

全員食いつかせるってホント難しいんです。

 

 

学校では、机に座っていれば目の前で色んな教科の授業が勝手に始まります。

 

 

疲れてる子もいます。

 

プライベートで色々あって、気分が乗らない子もいます。

 

 

やるもやらないも最後はあの子たちが決めるんだよな…

 

 

 

ことわざが伝えたい意味は間違いなく事実です。

 

 

 

突き詰めると、先生がいくら頑張ろうがやるかやらないかは生徒次第。

 

 

なーんてことをこのことわざは言いたいのではありません!

 

それじゃー暗すぎる!

 

先生やるのが楽しくない(TOT)

 

 

 

私は思うのです!

 

 

生徒は馬じゃなく、ヒューマン!!

 

先生は楽しそうに騒ぐことが大切

 

やるやらないを決めるのは彼らだけど、水辺まで連れていってからやれることがあるはず!

 

そう思って、いつもこんなイメージで私はやっています。

 

ここが対馬と対人の違いです。

 

 

生徒には言葉が通じるので、諦めずに続けます。

 

 

このように、騒ぎ立てるのです!

 

 

ウソでもいいから、楽しそうに!!

 

 

ここはすごく大切なところだと訴えるように!

 

 

これを伝えるために先生やってんだと言わんばかりに!

 

 

そうすると、

 

こんな子たちがポツポツ出てきます。

 

 

そんな子に影響受けて、何となく全体が「やってみるか」みたいな空気になります。

 

 

やってみた子は言い始めます」。

 

 

「へぇーそういうことね」

 

「なーんだ、簡単だわ」

 

「ほほー面白いもんだ」

 

「やり方はわかるけど、なんでこうなんの?」

 

 

などなど、実際に自分で体感しているから、それぞれ思うのです。

 

 

 

こうなれば、こちらのもんです!

 

 

生徒の感じたことをイジりつつ、次の問いに繋げていけます。

 

 

 

馬なら無理でも、人なら水を飲んでもらうことができます。
(いくら諦めずに騒いでも、やらない子いますけど…それはそれで見ててもらいます)

 

 

生徒に知らないことを経験してもらって、それぞれどう考えるのか。

 

 

そのプロセスをデザインして提供していくのが教育のベースではないでしょうか。

 

先生ってクリエィティブな仕事だと思います。

 

スポンサーリンク