人生の残り時間を意識して、全力で生きる。

スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

やる気が出ない。

 

 

お盆休みが終わり仕事が始まったのに、やる気が出ない。

「明日から本気出すわ」と思って、もう数日が経っている。

私はいつ本気出すのか・・・。

あれ?

もしかしたらこのダラダラしてる状態が私の本気なのかな。

だとしたら、私はもう本気を出しているのか。

頑張ってるわ、私。

なんて思考に入り込んで、自分を誤魔化していた。

 

 

ダラダラしながら『デスノート』を読んでいたら、あるシーンで震えた。

「こんなことしてて・・・いいのか・・・」と怖くなった。

 

私って、人生どのくらい残ってるんだ・・・

 

今回は「人生の残り時間」を意識することについて考えてみる。

 

目次

漫画「デスノート」を読んで寿命について考えた

 

漫画「デスノート」をご存知だろうか。

漫画「デスノート」の超ざっくりストーリー

ある日、秀才高校生の夜神月ライトが「デスノート」と呼ばれる名前が書いた人間を殺すことができる1冊のノートを拾う。それは死神のノートであった。夜神月ライトは「デスノート」を使って自分の「正義」を貫き世の中を良くしようとするが、謎の名探偵Lが現れ、夜神月ライトを捕まえようとする。夜神月ライトは正義なのか。悪なのか。「デスノート」を中心に、それぞれのプライドをかけた人間の戦いが始まる。

 

「デスノート」の話のなかで、”死神の目”というのが出てくる。

”死神の目”を使って人間を見ると、その人間の寿命が見える。

 

これを読んだとき、急に自分の寿命が気になった。

 

 

『私の寿命はあとどれくらいなんだ?』

 

 

人間には必ず寿命がある。

命を与えられた瞬間から、終わりに向かって走り続けている。

 

寿命というと80歳くらいまで生きられる感じがしちゃう。

しかし、現実はそんなことない。

 

明日突然事故にあうかもしれない。

1年後に不治の病にかかるかもしれない。

 

そういうもの全てを含めて寿命。

そんなことをイメージすると、ちょっと怖くなる。

 

自分の寿命を確認したら”死”を感じた

 

自分の寿命を教えてくれるアプリがいくつかある。

私は「iLifeTimer」というものを使ってみた。

 

 

このアプリは寿命を「◯◯歳まで」と設定すると、残り時間をカウントダウン表示してくれる。

自分の誕生日と寿命を「80歳まで」と設定して、残り時間を確認してみた。

 

 

 

Σ(・□・;)!!

 

 

 

 

これまで生きた割合が47%!!

もう人生の半分終わってんのか!!

_| ̄|○

 

 

”死”を感じた。

 

人生はいつ電源が切れるかわからないRPG

 

人生はよくRPGに例えられる。

 

「大切なものはお金では買えない」

「物語を進めるヒントは人が教えてくれる」

 

RPGの中で当たり前のことが、人生にも通ずることがある。

 

現実の寿命をRPGとして考えると、

制限時間(=寿命)が来ると、強制的に電源OFF。

なお、制限時間(=寿命)は予測不可能。

 

 

普通のRPGであれば、制限時間はない。

キャラクターたちは一生死なないし、ゲームをやめるときもセーブという機能がある。

いつでも人生をストップさせることができて、再開するのも自由なのだ。

 

しかし、人生のRPGはそうはいかない。

一度始めたら、セーブはないし電源も1度も切ることはできない。

こう考えると「人生は無理ゲー」だ。

 

そんな無理ゲーを日々プレイしている私たちは、一体どうすればいいのか。

 

尊く感じることにやる気はともなう

 

人生RPGを今このときもプレイしている私たち。

いつ強制終了になるかわからないゲームを楽しむ方法は1つしかない。

 

 

今を全力で過ごす。

 

 

これに尽きる。

 

自分の”寿命”を知ることは絶対にできない。

自分ではどうしようもないことに囚われても仕方ない。

だから、これから先も人生が続くと信じて、今できることを全力でやることが大切。

 

しかし、”終わりは必ずやってくる”。

このことを認識しておくのも忘れてはならない。

 

 

毎日を平和に過ごしていると、人生ずっと続いていくように感じる。

しかし、人生には必ず終わりくる。

終わりがあることを知っているからこそ、自分のことを尊く感じることができる。

 

”いまが尊い”ことがわかれば、やる気が出てくる。

 

ジャネーの法則

 

「もう今年も終わりかー。早いなー。」

 

このセリフ、大人なら1度は叫んだことがある。

”寿命”のことを考えていたら、”時間の流れ”に行き着きついた。

 

小さい頃の1年が過ぎるスピードと、今の1年が過ぎるスピードって確実に違う。

時間はいつも同じペースで進んでいるはずなのに、体感しているスピードは同じようには感じない。

 

 

これはジャネーの法則』と呼ばれる

なぜこのような感覚になるのか。

下の図をご覧いただきたい。

 

 

2歳にとっての1年は、人生の50%。

20歳にとっての1年は、人生の5%。

 

つまり、同じ1年でも人生における割合が違うので、体感するスピードが違うのだ。

歳を重ねれば重ねるほど、1年の割合が小さくなるので、早く感じる。

これがジャネーの法則だ。

 

つまり、生きれば生きるほど時間のスピードは早くなっていくということだ。

やばい。

全力で生きよう。

 

 

スポンサーリンク