サンタクロースがいないと知った日。〜人の夢は壊せない〜

サンタがいないと知った日
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

自分の子どもが産まれると、今まで考えなかったようなことに悩んだりします。

例えば、自分の子どもがサンタクロースがいることを信じているとします。

その子に「サンタクロースっていないんだよ。」っていつ教えてあげればいいのでしょうか。

小さい頃はサンタクロースという存在を楽しんでほしいけど、現実を知ってほしい気持ちもあります。

 

いつ真実を伝えるべきなのか。

 

本当に迷うところです。

 

そんなことを考えていたら、自分がサンタクロースはいないと気付いた日のことを思い出しました。

その日は私に「気を遣うこと」と「優しいウソをつくこと」を教えてくれました。

今回は、私の人生でとても尊い一夜を書き綴ります。

 

 

サンタクロースからのプレゼント

 

私には弟が2人います。

両親は私たち兄弟にクリスマスプレゼントを毎年くれました。

12月頭くらいに「サンタさんに何が欲しい?」と聞かれて、そのとき欲しいものを発注するとクリスマスの朝に届いているくだりです。

このくだりが、子どもの私にとっては本当に楽しくて楽しくて。

クリスマスは嬉しくてたまらないイベントでした。

 

サンタさんがくれるプレゼントは、緑をベースに小さい木が規則的に書かれている包装用紙でラッピングされていました。

毎年必ず同じ包装で、「サンタさんからのプレゼント」と一目でわかります。

朝起きてサンタさんのプレゼントを見つけたときの私たちの眼は、「キラキラキラッ」と実際聞こえてもいいほど輝いていました。

 

 

目線の先にあるもの

 

私が6歳になった年の12月24日。

クリスマスイブの夜のことです。

 

今年もサンタさんにプレゼントをオーダーしています。

明日はきっとお願いしたものが届いているはず!

朝起きたとき置いてあるプレゼントのことを考えると、ドキドキして眠れませんでした。

 

「今年もまたあの包装用紙でラッピングされたプレゼントがあるんだろうなー。」

 

そんなことを考えながら、布団の中から天井を見ていました。

すると、部屋の隅にあるタンスの上に乗っている荷物に目が止まりました。

上から黒い布がかぶさっていますが、ある一部分だけ布がはだけています。

そこから、見覚えのある包装用紙が見えてしまったです。

 

「あれ?まさか明日届くはずのプレゼント?」

 

そう思いましたが、私はすぐにその考えを却下しました。

だって、サンタさんは私たちが寝てる間にプレゼントを持ってきてくれるから!

今この部屋にあるはずがないのです。

前日にタンスの上に乗っけておくルールなんて聞いてない!

私はそう言い聞かせてタンスの上の荷物は見ないようにして寝ました。

 

 

次の日の朝。

寝室から出ると毎年恒例のラッピングがされたプレゼントが届いていました。

 

「やったぁぁぁーーー!!!」

 

弟2人ははしゃぎ倒しています。

 

「よかったわねー!!」

 

お母さんも嬉しそうです。

 

『ジィーーー』

 

父親はビデオカメラを回しています。

 

 

そんな歓喜の声に包まれる中、私は心の底から喜ぶことができませんでした。

なぜなら、私には確認しなければならないことがあるから!

そう!

寝室のタンスの上の荷物です!

 

 

6歳の私は自分の考えを整理しました。

 

荷物がまだあれば、サンタは本当にいる!

荷物がなければ、サンタはいなくて親が用意している!

 

 

ガラッ!!(寝室のドアを開ける)

 

 

 

ない。

 

 

 

人の夢は壊せない

 

タンスの上の荷物がないことがわかった瞬間、『パキーン』と音がしました。

「サンタクロースのプレゼント」という事実が崩れ去ったのです。

そして、私の中にある感情がミキサーにかけられたように高速回転しました。

その時間は1秒もなかったと思います。

感情のスムージーが私に教えてくれたのは『人の夢は壊せない』でした。

 

 

弟2人は私が知った「サンタクロース不在説」を知りません。

今あるプレゼントを「サンタクロースからもらったもの」として喜んでいるのです。

そんな弟たちに「サンタはいないんだよ!」なんて伝えることは私にはできませんでした。

そして、私の両親は「サンタさんから貰えてよかったね!」と弟に語りかけています。

 

『人の夢は壊せない』

 

6歳の私は決心して、そしてアクションを起こしました。

 

「やったー!」

 

そう言って、去年と同じように嬉しそうにプレゼントを開け、弟と一緒にはしゃぎ倒しました。

 

人生で初めて親に気を遣い、弟に優しいウソをつきました。

そして、初めて罪悪感を抱えることになりました。

 

心が苦しかったですが、それでも6歳の私は自分に言い聞かせます。

 

『人の夢は壊せない』

スポンサーリンク