【自由を求める人へ】自由って、ものすごくしんどい.

自由
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

「あー自由になりてぇ!!」

 

こう叫んでいる高校生を見かけました。

私もそう思っていた時期があります。

 

でも、今になってわかったんです。

 

自由って、ものすごくしんどい。

 

今回は、「自由」であることに関して私が抱えるしんどさを書き綴ります。

 

 

私が考える『自由』

 

社会人になって、私は『自由』になったと感じました。

 

一人暮らしもできた。

お金もある程度ある。

夜遊んでいてもOK。

 

やることやっていれば周りの人に何も言われません。

 

 

子どもの頃は、『不自由』であると思っていました。

勉強したくないのに、勉強を強いられる。

そんなにやりたくもない剣道に週1で通わされる。

門限があって、決まった時間に帰らなくてはいけない。

 

子どもなので、まだやってはいけないことがたくさんありました。

 

 

社会人になったとき、そんな『不自由』なことが一気になくなって、すごく気持ちよかったです。

 

自由 = やることやっていれば何も言われないこと

 

これが、20代の私にとっての自由の定義でした。

 

 

年齢を重ねるにつれ、私はさらに『自由』になっていきました。

 

結婚をするかしないか。

家を買うか買わないか。

仕事で新しいプロジェクトを提案するかしないか。

 

これまでは『やるべきこと』以外の『自由』を楽しんでいました。

その『やるべきこと』は、中身が決められていました。

 

例えば、仕事において「今までこうやってきたよ。」と上司から教えてもらうようなことです。

それを完成することが私の役目だったので、教えられた通りに動けば良いのですごくラクでした。

しかし、年齢を重ねるとその『やるべきこと』まで『自由』が侵食してきました。

 

やるのかやらないのか。

するのかしないのか。

 

何事も全て自分で決めなくてはいけません。

これまでにはなかった更なる『自由』が発生してきます。

 

「言われたことだけやってちゃだめなんだよ。」

 

職場ではこう言われるようになります。

 

「これからどういう生活にしていくの?」

 

プライベートではこのようなことを考えなくてはいけません。

 

 

自由 = 何事も自分で決断すること

 

私はいま、自由の定義が変わってきました。

 

 

「自分が悪いよね」って言われるのが1番辛い

 

『自由』になると、それにくっついてくるのが『責任』です。

このことを、私は身をもって体感しています。

 

例えば、休日に家族で出かけることを想像してください。

 

子どもはまだ1歳です。

奥さんから「今日どこ行く?」と相談されました。

旦那さんは色々考えて「遊園地に行こう。」と提案しました。

奥さんは特に何も言わず承諾し、子どもはとても喜んでいます。

遊園地に車で向かいました。

すると、遊園地付近はものすごく混雑していて、なかなか駐車場に入れません。

ようやく園内に入りましたが、混雑していてどのアトラクションも行列です。

旦那さんは言いました。

旦那さん「あー。すごい混んでるなー。(家族に申し訳ないな)」

すると奥さんは言います。

奥さん「自分で遊園地って選んだし、自分が悪いでしょ。」

 

 

辛い(´;Д;`)!!

 

こんなこと言われたら、ものすごく辛くないですか!?

 

奥さんに言っていることは間違っていません。

 

どこに行くのか選択したのは自由で、その選択で後悔しても本人のせいです。

これを哲学者のサルトルは『自由の刑』と呼びました。

 

『自由の刑』・・・

すごく、共感できます。

 

私も『自由の刑』に処された経験があります。

 

「自分が選んだことだし、それが失敗したら責任取るでしょ。」

 

その通りなんですが、これが本当にしんどい!

これ言われると、孤独を感じます。

一緒にいてくれた人が、急に離れていく感じがしてしまうのです。

『自由』って楽しいばかりではなく、これがあるからしんどいのです。

 

 

自由を謳歌する方法

 

正解が何かもわからないこの社会で、どうするか選択してその責任を持たなければならない『自由』。

こんないつ爆発するかわからない爆弾みたいな『自由』をどう楽しめばいいのでしょうか。

 

私が行き着いた考えは、2つです!

 

・選択ミスはするもの

・自分だけは自分のことを責め続けない

 

このことを意識しまくるしかないと思っています。

 

 

『自由』であるが故に、色々な場面で選択を迫られます。

 

理想は選択ミスをしないことです。

しかし、ノーミスで人生における選択をしていくことなんて不可能です。

よって、そのことを受け入れた方が絶対良いと考えます。

もし選択ミスを受け入れられなかったら、『自由の刑』に処されます。

 

選択ミスをした場合、周りから「そりゃお前が悪いよ」と責められます。

これも当然のことなので仕方ありません。

でも、自分だけはある程度責めたらパッと許してあげた方がいいです。

1番最初に許してあげるのは自分であったほうが気持ち良いです。

これを責め続けると『自由の刑』行きです。

 

 

・選択ミスはするもの

・自分だけは自分のことを責め続けない

 

 

自由を謳歌する上で、この2点はとても大切なのではないかと感じています。

 

もっと浅く考えると、

 

「気楽に行こうぜ( ・∇・)!」

 

これですね!

スポンサーリンク