【自由はしんどい】自由を謳歌するために意識すべき2つのこと

スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

あー自由になりてぇ!!

 

このように叫んでいる高校生を見かけた。

わかるよ、その気持ち。

私もそう思っていた時期がある。

 

でも、今はシンプルにそうは思えなくなっている。

 

自由って、ものすごくしんどいだぞ。

 

ただ自由を求めるあの高校生に、私は自由のしんどさを伝えたい。

 

目次

自由には責任が伴う

 

社会人になったとき、私は『自由』になったと感じた。

 

一人暮らしもできる。

お金もある程度ある。

夜遊んでいてもOK。

 

やることやっていれば周りの人に何も言われない。

 

 

子どもの頃は、『不自由』であると思ってた。

勉強したくないのに、勉強を強いられる。

そんなにやりたくもない剣道に週1で通っている。

門限があって、決まった時間に帰らなくてはいけない。

 

子どもなので、まだやってはいけないことがたくさんあった。

 

社会人になったとき、そんな『不自由』なことが一気になくなって、すごく気持ちよかった。

 

■20代の頃の自由とは・・・

自由 = やることやっていれば何も言われないこと

 

これが、20代の私にとっての自由の定義だった。

やることやっていれば、自分のやりたいことが何でもできる。

自分がやってみたいと思うことは、ほぼ叶えてきた。

 

 

30代〜40代になると、20代では考えなかったことを考えるようになった。

 

例えば、結婚をするかしないか。

家を買うか買わないか。

仕事で新しいプロジェクトを提案するかしないか。

 

これらも、全て私の自由。

何を決断するにも自由だ。

しかし、20代のときの自由とは違う感じがする。

 

例えば、仕事において20代のときは、上司から教えてもらうことが多かった。

それを完成することが私の役目だったので、大体の枠は決まっていて、その中に私の自由があった。

しかし、30〜40代になるとそういった枠はなくなる。

 

「言われたことだけやってちゃだめなんだよ。」

よくいうフレーズがすごく重くのしかかってくる。

 

「これからどういう生活にしていくの?」

プライベートでは、こんなことを問われるようになってくる。

 

 

あら?なんか20代の頃の自由と違ってきてる気がする・・・。

 

そんなことを考えていたら、私は気づいた。

 

■いまたどり着いた自由とは・・・

自由=何を決断しても良いが、責任が伴う

 

スパイダーマンでも、おじさんが言ってたアレだ。

 

「自分が悪いよね」って言われるのが1番辛い

 

『自由』になると、それにくっついてくるのが『責任』だ。

 

 

例えば、パートナーと食事にいくとする。

 

パートナーから「どこにご飯食べにいく?」と相談されたので、私は前から行きたいと思っていたお店を提案。

パートナーは特に反対もせず承諾し、車でお店に向かった。

すると、お店付近の駐車場がものすごく混雑していて、なかなか車を止めることができない。

ようやく車を止めたが、予想以上にお店が混んでいて行列ができている。

私は「すごい混んでるなー。」と相手に申し訳ない気持ちを含めて呟いた。

するとパートナーは言った。

 

「自分でこのお店を選んだし、自分が悪いでしょ。」

 

 

辛い(´;Д;`)!!

相手が言っていることわかるけど、これってものすごく辛い。

 

こういうこと、生きていると結構ある。

このことを、哲学者のサルトルを『自由の刑』と読んでいる。

 

どこに行くのか選択したのは自由で、その選択で後悔しても本人のせい。by サルトル

 

 

 

その通りなんですが、これが本当にしんどい!

自由は良いことも悪いことも自分にちゃんと返ってくる。

だから、自由はしんどい。

 

自由を謳歌するために意識すべき2つのこと

 

正解がないことが多いこの社会で、自分で選択して、その責任を持つ。

それが、自由。

こんな自由、楽しめる気がしない。

 

それでも、私はこの自由を楽しみたいと思っている。

そのために、意識していることが2つある。

 

①選択ミスはするもの

②自分だけは自分のことを責め続けない

 

これに気づいてから、結構ラクになった。

『自由』であるが故に、色々な場面で選択を迫られる。

 

理想は選択ミスをしないことだ。

しかし、ノーミスで人生における選択をしていくことなんて不可能。

よって、そのことを受け入れた方が絶対良い。

もし選択ミスを受け入れられなかったら、『自由の刑』に処されちゃう。

 

選択ミスをした場合、周りから「そりゃお前が悪いよ」と責められる。

いや。実際責められていなくても、そんな気がしてしまう。

今後のために、間違いを指摘されることは大切なことだ。

でも、自分だけはある程度責めたら、パッと許してあげた方がいい。

1番最初に許してあげるのは、自分。

ここができないと、まだ『自由の刑』行きだ。

 

自由を謳歌する上で、上記2点はとても大切だと思う。。

 

小難しいこと言ってしまいましたが、気楽にいこう。

スポンサーリンク