12時間〜パパが出産に立ち会った方がいい話〜

12~the first birth
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

私には子どもがいます。

産まれてきてくれたタイミングがよく、最初から最後まで立ち会えました。

 

初めての出産を振り返って、すごく思うことがあります。

 

 

 

覚悟が足りなかった・・・(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

出産は大変なことはわかっていました。

でも、これだけネットで情報が溢れているのに、私は特に調べたりしませんでした。

自分の勝手なイメージでこんなもんだろうと考えて、出産に立ち合いました。

 

そうすると、想定以上にしんどかったのです。

実際に出産する奥さんの方が100%しんどいですが、

パパもそれなりにしんどかったんです。

 

もう少しリアルな流れがわかっていれば、もっと準備と覚悟ができていたはず!

 

これから出産を迎えるにあたり、ワクワクやドキドキを抱えている方の一助になればと思い、私の体験をお伝えします。

 

出産は妻だけが大変で素敵な体験ではありません!

夫にとっても大変で素敵な体験でした!!

 

夫婦のやり取りを中心に、赤ちゃんが産まれるまでの12時間を書き綴っていきます。

 

陽気な私。慎重な奥さん。

PM7:00

 

奥さんは出産準備のために実家にいました。

そして、予定日よりも早くおしるしがっ!

 

 

これは、ついに来たな・・・。

 

 

奥さんは「全細胞が本番が来たことを教えてくれた。」とのちに語ってくれました。

 

奥さんはさほど不安ではなかったようです。

それは、想像していたより陣痛の痛みが弱かったから。

 

なーんだ。陣痛ってこんなもんかい♪

私って楽に出産できるタイプかもしれない♪

 

「あのとき、そう考えた自分をぶん殴りたい。」

奥さんはのちにそう語っています。

 

奥さんは、自宅にいる私にLINEをくれました。

 

奥さん
おしるしきたので、病院行きまーす!

 

buriko
あれ?出産の時ってもっと『う、産まれるっ!』的なテンションで病院行くんじゃないの!?)

 

私は奥さんの冷静さに動揺。

美容院に行くときのノリと同じものを感じるっ!

初めて出産に臨むのに、そんなもんなのか!

 

奥さんのテンションと逆に、緊張する私。

自宅から病院に向かう景色が、今日はなんだか違う景色に感じます。

 

PM8:00

 

無事に病院へ到着。

 

buriko
だ、大丈夫!?

 

奥さん
うん。まだ大丈夫ー。

 

予想より、余裕がある奥さん。

 

奥さん
生理痛がもうちょい痛いくらいだから、なんか大丈夫かも♪。

 

 

はしゃぐ奥さん。

私は勝手に緊張していましたが、なんかちょっと安心しました。

部屋にも素敵なクラシック音楽流れてるし。

 

 

奥さんには、ポカリスエットとお菓子を買ってくるよう頼まれていました。

私はそれを奥さんのそばに置き、ついでに私の夕飯として買ったおにぎりを2つ食べました。

 

 

奥さん
それだけで足りる??

 

buriko
もしお腹空いたら、ちょっと抜けてまた買ってくるよ。早く病院来た方がいいかと思ってちょっとしか買ってこなかったんだ。

 

 

お菓子を食べながら出産できるなんて。

2人はちょっとした遠足気分。

穏やかな時間を過ごします。

 

PM9:00

 

助産師さんが来てくれて、子宮口の開き具合を確認してくれます。

 

「まだ2〜3cmくらいねー。」

 

 

buriko
2〜3cm?

 

私は出産と子宮口の関係を理解していませんでした。

それを察した助産師さん。

丁寧に説明してくれました。

 

 

buriko
なるほどーそういうことか。10cmで赤ちゃんが出られるなら、3時くらいには生まれるのかな♫)

 

私は勝手に出産終了時刻を想定しました。

このときは、この想定が甘いなんて微塵も思いませんでした。

 

奥さん
(こんだけ待ってまだ2〜3cmかー。こっから長い人もいるんだよなー。)

 

 

奥さんはネットで出産に関する情報を調べていました。

2〜3cmと聞いても、終わりまで自分にとって最悪の流れをイメージします。

最悪をイメージしておけばそれ以下がなく、楽だと考えたからです。

 

 

buriko
こんな感じなら、思ったより楽に出産できるかもねっ!

 

奥さん
そうだねっ!(そうは思ってないけど!)

 

これまで生きてきた中で、1番の空返事でした。

 

これから出産の立ち合いを迎えるパパの皆さん。

こういう軽はずみなコメントが奥さんをイラつかせます。

気をつけてください(´;Д;`)

 

それからは、どうでもいいフリートークをしたり、ちょっと目を閉じて休んだりして過ごしました。

 

見えない終わり

 

AM0:00

 

奥さん
ゔゔゔゔゔーーー

 

明らかに痛そう。

数時間前とは比べものにならないほど、痛そう。

 

 

奥さん
腰ざずっでぇぇぇーーー・・・

 

 

buriko
(明らかにさっきまでの妻とは様子が違う・・・これが出産か・・・。)

 

奥さんの姿にちょっと動揺。

しかし、動揺していることを表には出してはいけません!

奥さんを不安にさせてしまうからです!

 

助産師さんが定期的に来てくれますが、私とは正反対にめちゃくちゃ冷静。

奥さんは相当痛がっているのに、助産師さんは出産にむけて準備をする様子がない。

 

「いきまないように、力抜いてねー。」

優しい口調で語りかけて、隣の分娩室に消える始末。

 

 

奥さん
ゔゔゔゔゔーーー

 

buriko
(これ、本当に大丈夫なのか・・・?)さすさすさす・・・(腰をさする音)

 

AM2:00

 

奥さん
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーー

 

さささ叫んでるぅぅぅ!!!

奥さんは叫んでないと痛みに耐えられないようです。

5分起きに来る痛み。

叫ばずにはいられないのか。

こ、これが出産。。。

 

奥さん
もう無理・・・産みたい・・・助産師さん呼んで・・・。

 

 

奥さんは私にナースコールを押してくれと懇願します。

でも、私はなんとなくわかっていました。

 

まだ産めないことを。

 

30分前、助産師さんは『子宮口がまだ3〜4cmくらいねー。』と言っていました。

GOALは10cm。

私は「3時くらいに産まれる」と予想した自分を恥じました。

 

まだ産むまで時間がかかることはわかっていても、奥さんの要求に応えてナースコールを押しました。

 

 

助産師さんは優しく奥さんを励まします。

帰り際、助産師さんは私に『まだまだなので、ちゃんとそばにいてあげてください』と目で語りかけてきます。

 

去り際に、助産師さんはテニスボールを出して、奥さんのお尻をグッと押しました。

すると、奥さんはすごく楽そう!

助産師さんは私にテニスボールを預けて、また隣の部屋へと消えていきました。

 

テニスボールとお尻の爆発

 

AM3:00

 

奥さん
お尻が爆発するーーー!!!

 

「まだいきんではダメ」と言われているので、痛みが来ると本当にお尻が爆発しそうな感覚のようです。

そこで、私がテニスボールをお尻に当てて、全力で押します。

そうすると、かなり楽みたいです。

 

 

奥さん
あ゛あ゛あ゛ーーもっと押してーーー!!!

 

buriko
お尻骨折させるくらい押してるよ!もっと押した方がいいの!?

 

陣痛が来ている間、私はテニスボールを奥さんのお尻に突っ込む勢いで押し続けました。

 

buriko
(これ、いつまでやるんだ・・・)

 

 

これを続けて、自分の体力は持つのだろうか。

ちょっと心配になりました。

 

AM5:00

 

奥さん
うううう・・・・。

 

何時間も陣痛の痛みに襲われている奥さん。

 

痛みへの慣れ。

体力の限界。

痛みが来てもこれまでのように叫ばなくなってきました。

 

妻が苦しみだすと、私は相変わらず奥さんの身体が浮き上がるほどの力で、テニスボールでお尻を押します。

 

 

buriko
終わりのないボクシングだ・・・)

 

AM2:00頃からテニスボール押しは始まりました。

 

奥さんは約5分起きに痛みに襲われます。

その痛みは3分弱くらい続きます。

その間、ずっと全力で押します。

 

奥さんの唸りが試合開始のゴング。

約3分戦った後、椅子に戻ります。

そして、5分に強制的に試合開始。

これを、すでに3時間繰り返していました。

 

 

奥さんは自分以上に痛みと戦っている。

それはわかっています。

でも、

「オレはオレですごいしんどい(´;Д;`)」と考えてしまいます。

 

 

そのうち、奥さんは人間の本能を発揮し出しました!

陣痛と陣痛の間の約5分。

その間に寝るという回復術を会得したのです!

 

そうでないと身体が持たないのでしょう。

助産師さんもこれは普通のことだと教えてくれます。

これから赤ちゃんを産むために必要な休憩だと。

 

一瞬でも眠れる奥さんが羨ましく感じました。

 

奥さんはベッド。

私はイス。

私が5分の間に寝ることは不可能でした。

 

そして、空腹との戦いもあります。

どこかのタイミングで抜けられると勝手に想定していたばかりに、夕飯をおにぎり2個で済ませていたことが仇となりました。

 

私は奥さんのために買ってきたパックンチョを少しずつ食べます。

いつこの戦いが終わるかわからないので、戦えるギリギリの量を食べます。

 

遭難して無人島にたどり着いたら、こういう感じなんだろうな・・・

 

 

満身創痍の2人。

そこへ助産師さんが現れて、

「子宮口も開いてきたし、7時くらいには赤ちゃん出てきそうね!」

 

 

buriko
ホントですか・・・(TOT)
奥さん
ホントですか・・・(TOT)

 

こんにちは赤ちゃん

AM6:00

 

ついに出産準備が始まります。

奥さんが寝ていたベッドは、分娩台フォーメーションに切り替わります。

助産師さんは奥さんにタイミングよくいきむように伝えます!

 

 

奥さん
ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ーーーーーー

 

奥さんはのちに教えてくれました。

 

奥さん
(いきんでた方が全然楽だ・・・。)

 

 

陣痛が来てるのに、いきんじゃダメなのが本当に辛かった。

今は赤ちゃんが出ようとするのを一緒にいきんで応援できる。

もうすぐ赤ちゃんに会える。

この痛みから解放される。

この希望が、奥さんを元気にさせます。

 

 

buriko
が、頑張れ!

 

私は手を握ることしかできません。

 

あれ?

テニスボールでお尻を押しすぎて、明らかに手首に違和感が・・・

 

えぇーい!

今はそんなこといいんだ!

今は奥さんの応援じゃ!

が、がんばれ!

 

AM7:00

 

オギャー!オギャー!

 

buriko
終わったーーー!!!

 

奥さん
終わったーーー!!!

 

2人揃って声に出しました。

予想では2人とも感動して泣くかと思っていましたが、泣きませんでした。

それよりも、先の見えなかった戦いが終わったことに、まず2人で『お疲れ様』と健闘を称え合いました。

 

赤ちゃんが2人のもとに来たとき、少し怖かったです。

今にも壊れちゃいそうなくらい小さかったから。

でも、確かに生きていて、その肌に触れた時に愛おしさが爆発しました。

 

奥さんは赤ちゃんを抱えて、目を閉じました。

難しいことは何も考えられず、ただ赤ちゃんに無事会えたことが嬉しそう。

 

私はそんな姿を見て、安堵しました。

その光景は自分ごととは捉えられず、なんだかドラマを見ている感覚です。

 

 

初めての出産を終えて、2人は心の底から感じたことがあります。

 

 

 

出産を2人で迎えられてよかった。

 

 

 

 

私がいたことで、奥さんのお尻が爆発せずに済んだ。

奥さんの本気で命を守る姿を見ることができた。

 

 

私は、命が誕生するために、命がけであることを知りました。

 

 

こんな素敵な奇跡を見逃して良い理由がない。

私は出産に立ち会えて本当によかったです。

 

出産って素晴らしい!

 

スポンサーリンク