【優しさとは何か?】優しい人は急にいなくなる。

スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

「あなたは、周りの人からどんな印象を持たれていますか?」

 

これは面接などで聞かれるメジャーな質問だ。

 

私がこの質問に答えるとしたら「優しいという印象を持たれています」と答える。

周りの方にこう言っていただけるのは、すごく嬉しいしありがたい。

言われれば言われるほど、優しくありたいと思う。

 

しかし、そう言ってもらうたびに心の中で思うことがある。

「あなたが思っているほど、優しくないんです。」と…。

 

優しさとは何か、考えてみた。

アラフォーになってたどり着いた答えがある。

 

優しい人は、自分のことを心の底から優しいと思っていない。

そして、優しい人は目の前から急にいなくなったりするんです。

 

目次

「優しい」と「縁を切る」

 

私は周りの方からよく「優しいですね」と言ってもらえる。

 

私自身、「優しくありたい」と心掛けている。

「優しくありたい」と考えるのは、「平和に過ごしたい」という想いがベースとなっている。

私は険悪でピリピリしたムードが苦手。

できることなら、常に穏やかなムードの中で過ごしたい。

だから、他人には優しくありたいと考えている。

 

しかし、不思議なことがある。

「優しい」と言ってもらえるのとセットでついてくるフレーズがある。

 

「何かあったら、急に縁を切られそう」

 

なんですか、この相反するフレーズのセットは・・・。

 

急に縁を切るなんて、したくない!

実際に、これまで急に縁を切ることなんてnak・・・

 

 

あるわ。

 

 

急に縁を切った人、何人かいるわ。

 

「優しい人」は「急に縁を切る」ことはしないと思い込んでた。

でも、他者の評価によると「優しい」らしい私は、急に人の縁を切っていた。

 

急に縁を切るなんて、優しくない。

なぜ、そんなことをするのか・・・。

 

優しいって言われるとき

 

優しいと言われたり、思われたりするときはどんなときだろうか。

 

「自分よりも他人を優先したとき」ではないだろうか。

 

例えば、電車でお年寄りに席を譲る行為。

自分が座りたいけど、お年寄りを優先する。

 

例えば、旅行でどこに行くか意見が割れたとき、相手に譲る行為。

自分は行きたいところがあるけど、相手を優先している。

 

このように自分よりも他人を優先したとき、人は「優しい」と感じる。

 

優しい人の心理

 

優しい人が「自分より他人を優先する」場合、どう考えているのか。

 

①自分を貫くほどでもない

仕方がない

 

優しい人が優しいと思われるとき、上記の2つのことを考えている。

 

①自分を貫くほどでもない

 

優しい人は「どうでもいいゾーン」を持っている。

 

鬼滅の刃の主人公「竈門炭治郎」を考えてもらうのがわかりやすい。

仲間の猪之助は何かと「リーダーは俺だ」と主張する。

炭治郎にとって、リーダーであることはどうでもいいこと。

だから「わかった!」と言って、猪之助の主張をすんなり受け入れるシーンがよく出てくる。

 

 

 

優しい人は、自分を貫くほどでもないことを明確に理解している。

だから「あーそこはどうでもいいんで」と瞬時に判断し、相手を優先することができる。

 

②「仕方がない」

 

優しい人は「仕方がない」と考えることができる。

 

生きていると、自分の思い通りにいかないことはたくさんある。

そんなとき、「仕方ない」と思えるか思えないかはその後に大きく影響が出る。

 

思い通りにいかない場面で「仕方ない」と思えないと、感情的になる人がいる。

「それは絶対違うだろ」的な。

 

他人に”絶対○○○だ”と言えることは、すごく少ないと思う。

物事は色々な角度からアプローチすると、違った答えにたどり着く。

だから「絶対に違う!」と感情的になると、自分の考えで正しい!という想いで頭がいっぱいになる。

 

思い通りにいかないとき「仕方ないな」と思えると、感情にブレーキをかけることができる。

それは、とても重要なことだ。

そうすることで「相手を理解しようとする」余白ができて、それが優しさにつながる。

優しい人は、どんな時も「仕方ない」と考えてフラットな感情に持っていくことができる。

 

優しさのベースにあるのは”我慢”

 

「自分を貫くほどでもない」と「仕方がない」は優しさに繋がる。

この2つから発生する優しさのベースになっているのは”我慢”だ。

 

そう。

優しい人は”我慢”している。

 

”我慢”には限界がある。

 

”我慢”には、限界がある。

 

例えば、

ずっと自分の悪口を言ってきて、ずっと自分のお金を盗んでいて、叩いてきたりするやつがいたとする。

いくら優しい人でも、そんなやつとずっと一緒にいることはできない。

 

最初は笑って許してあげたりできるかもしれない。

なぜそんなことをするのか理解しようと、努力するだろう。

でも、限界はある。

 

限界が来ると、残された手段は1つ。

その人の前から急にいなくなることだ。

 

優しい人は、仕返しとかしない。

そんなことしても無意味だとわかっているから。

こう考えて、優しい人は急にいなくなるのだ。

 

この記事のまとめ

 

・優しさは自分より他人を優先すること

・優しい人は「自分を貫くほどでもない」「仕方がない」と考えられる

・優しさのベースにあるのは”我慢”

・”我慢”には限界がある

・優しい人に限界がきたとき「仕方がない」ので急にいなくなる

 

優しい人にも限界がある。

これは覚えておいた方が良い。

これを忘れて優しい人に甘え続けると、目の前から急にいなくなってしまうかもしれない。

優しい人にも、優しくしよう!!

スポンサーリンク