阿佐美冷蔵のかき氷とココスのかき氷の話

かき氷のタペストリー
スポンサーリンク

約10年、私はかき氷を食べていません。

 

しかし、私は今年、久しぶりにかき氷を食べました。

2回もですっ!!

 

いつもと違う夏が、そうさせたのでしょう。

約10年ぶりのかき氷は、衝撃でした。

想像より美味しすぎたのです。

 

私がいただいたのは、阿左美冷蔵のかき氷と、ココスのかき氷。

この夏、私は2つのかき氷にとても大切なことを教わりました。

 

目次

阿左美冷蔵とココスのかき氷

 

私がこの夏いただいた、2つのかき氷を紹介します。

その前に、最初に大きめフォントで伝えたいことがあります。

 

 

2つのかき氷、信じられないくらい美味しい!

 

 

阿左美冷蔵のかき氷

 

今年の夏、最初にいただいたのは阿左美冷蔵さんのかき氷。

 

 

訪れたお店の場所は、埼玉県は長瀞です。

 

 

こちらのお店は、超人気店。

8月の平日10時半ごろ訪れたが、1時間半ほど並びました。

それくらい、皆様に愛されているお店です。

 

 

私が発注したのは「蔵元秘伝みつ 極みスペシャル あずき粒あん&抹茶あん&白あん 付き」。

値段は1500円。

 

 

どうですか、皆さん。

写真からも「一級品のオーラ」が伝わりますでしょうか。

 

心を整えて、阿左美冷蔵さんのかき氷をいただきました。

 

 

パクッ。

 

 

buriko
・・・ぅぅううんめぇ。

 

 

あんな小声で、絞り出すように「美味しい」と言ったのは初めてです。

 

特に私が感動したのは、阿左美冷蔵さんの秘伝みつのお味でした。

氷と秘伝のタレの相性が良すぎるんです!

 

 

氷にかけるために造られたタレと言っても過言ではない!

例えるならば、天ぷらに塩。

「これやられたら、いくらでも食べられちゃうよ。」というくらい、相性が良いです!

 

もちろん、抹茶をかけたり、あずきの乗せたりしても、最高に美味しいです!

 

 

でも、私は秘伝みつのみで「5杯は躊躇なくいただくことができる」と確信しました。

 

これからご賞味いただく方には、秘伝みつをチョイスすることを激推しします!

 

ココスのかき氷

 

この夏、2回目のかき氷としていただいたのが、ココスでした。

ココスは超有名ファミリーレストランです。

 

画像:COCO’Sホームページより

 

 

大変失礼な話ですが、ココスのかき氷にさほど期待はしてなかったんです。

セットメニューでデザートがついてきたので、暑かったし、かき氷をオーダーしてみた・・・。

そんな気持ちでいただいたかき氷だったんです。

 

ココスさんに大変失礼な形でオーダーしたかき氷が運ばれてきました。

 

 

ワァオ!

すごく美味しそう!

お祭りとかで良く見るかき氷が提供されるのかと思ってましたが、ちょっと本格的!?

いただいてみますっ!

 

パクッ!

 

 

buriko
・・・あれ!?めちゃくちゃ美味しい!!

 

 

ココスさん、「あんまり期待してなかった」とか調子に乗った発言をしてしまい、ごめんなさい。

めちゃくちゃ美味しいです!

 

口当たりも滑らか!

きめ細かい氷で、ガリガリ感は全くなし!

いちごのシロップも、しっかりとイチゴの味がしました!

 

ココスさん、すげぇ!

これがジャパニーズ企業の力というやつですね!

 

本物を見極められない私たち

 

この夏いただいた、2つのかき氷。

本当に美味しかったです。

甲乙つけ難し。

 

この2つのかき氷をいただいた経験から、私は強く思ったことがあります。

 

 

私にとって、本当に良いものを見極めることは、すごく難しい。

 

 

どういうことかと申しますと・・・

 

例えば。

私がこの夏いただいた、阿左美冷蔵のかき氷とココスのかき氷を、何も知らない状態で目の前に置かれたとします。

 

 

「どちらか1つは超有名店阿左美冷蔵のかき氷。もう1つはファミレスのかき氷です。」

「どちらが阿左美冷蔵のかき氷でしょう。」

 

 

そう問われたら、私ははっきり見極められる自信がないんです(´;Д;`)

 

阿左美冷蔵のかき氷と、ココスのかき氷は、値段だけで見ると2〜3倍の差があります。

だから、使っている素材等に明確な違いがあるはずなんです。

 

でも、私はきっと迷うし、間違えます。

だって、どちらもめちゃくちゃ美味しいからっ!!

 

 

ココスのかき氷には期待できなくて、阿左美冷蔵のかき氷には期待してしまう・・・

それって、かき氷だけでなく、他のモノ・コトに大きく影響を受けています。

 

ココスは、値段も安いし、どこでも食べられる。場所もいつものファミレス。

阿左美冷蔵は、値段も高いし、長瀞という場所。お店もテラス的でいつもの違う。

 

私は、かき氷ではなく、その他の部分に勝手に価値を感じていたのです!!

 

 

なんと、浅はかなのでしょう。

私なんか、所詮本物を見極める力がないのです。

 

 

でも、こういうことって、日常ですごくたくさんあると思います。

物事の本質をシンプルに見ることができず、その周りを見て勝手に判断しちゃう的な・・・。

 

 

あぁ。

これが私という人間なのでしょう。

 

きっとこれからも、本質の見抜くことに苦労して、他の部分に気を取られ流でしょう。

しかし、そうならないように努力します。

 

 

本物を見極めて、人生を豊かにしたい。

 

 

阿左美冷蔵のかき氷と、ココスのかき氷からそんなことを学びました。

 

 

 

スポンサーリンク