【常識とは】私たちはストーリーの中で生きている。

スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

私はこれまで4回ほど職場が変わってきた。

その経験を通して、感じていることがある。

 

「あら?これまで常識と教わってきたものが、ここだと通用しないぞ。」

 

皆さんも、このような経験があるのではないだろうか。

常識だと教わってきたものが、場所や集団が変わると常識ではないことがある。

「なんだそれ!今までそんなやり方してきたの?」なんて言われて、私の常識が非常識として扱われたこともある。

 

なぜ、常識はその場所によって変化するのか。

 

今回は”常識”について書き綴る。

 

目次

常識が不変ではない

 

職場において、何か意思決定するまでのプロセスで「これまでの常識が通用しない」とよく感じる。

 

例えば、

Step1 → Step2 → Step3の手順でGoalするものだと教わってきた常識があるとする。

 

 

私が「Step2とStep1は逆の方がいいんじゃないのかな?」と考え相談しても、この手順が常識だと教え込まれる。

 

職場が変わり、前の職場で教えてもらった手順で同じ仕事を進める。

すると、上司から「いや、これはStep2が先だよ。」と指摘される。

 

 

Σ(・□・;)!?

ここでは逆にするのかい!

 

このように、一方の職場ではNGでも、もう一方の職場ではOKだったりする。

 

 

「だったら、Step2とStep3を同時にやるってどうですか?」

こう提案すると「いや、そこは一つひとつ進めていった方が良い」と教えていただいた。

 

 

さらに職場が変わり、これまで培った常識で進める。

すると、上司から「いや、効率悪いな。Step2とStep3は同時でやりなよ。」と指摘される。

 

 

 

Σ(・□・;)!?

ここでは同時進行ありなんだ!

 

私にはこのような経験がある。

 

職種が違えば、同じGoalを目指していてもプロセスの違いはあるかもしれない。

しかし、同じ仕事内容でも支店が変われば上記のようなことは発生する。

これが良いことなのか悪いことなのかはわからない。

 

ただ、常識は不変だと信じていた私の考えは破壊された。

 

常識が変化する理由

 

その場所や集団によって微妙に変わる常識。

なぜ、このようなことが起こるのか。

上司と仕事のプロセスについて話しているときに、それが少しわかったことがある。

 

人はストーリーに大きく影響を受ける

 

もっとシンプルなプロセスにできないですかね?

 

上司の方々の本音を聞きたくて質問してみた。

すると、色々なことを言ってくれた。

 

上司A「いやーそうなんだよなー。いちいちめんどくせぇよなー。」

上司B「Step1なんかなくてもいいんだけど、そうすると◯◯◯さんがなー。」

上司C「◯◯◯さんを通してることが必要だったりするからね。」

 

皆さんプロセスに改善する余地があると思っている。

それと同時に「誰に話を通しているか」をすごく意識されていた。

 

どうやら、ここに「その場の常識」を生み出す要因がありそうだ。

効率化や生産性とは別に、Goalにたどり着くまでのストーリーが大切している。

 

これまで私が経験したことを振り返ると、確かに関わる人やその流れを重要視している気がする。

これって、義理や人情的なもの??

 

 

確かに、Goalは同じでも、そこにたどり着くストーリーを知れば見方が変わることってある。

 

 

例えば、下のような三角関係があるとする。

 

 

1人の男性が、恋人がいる女性に片想いをしていた。

そして、あるときその男性は恋人関係にある男性からその女性を略奪した。

 

 

「あいつ、彼氏がいる女の子に手を出すとか最悪だよな」

「女の子の方もやばいよね。彼氏いながら他の男に行くなんて」

 

この状況だと、こんな意見が出てきそうだ。

 

しかし、この状況に至るまでのストーリーを知ったらどうだろうか。

 

 

実は、もともと付き合っていた男性はDV男だった。

それを知って、略奪愛に至った。

 

どうだろうか。

ちょっと前とは見え方が全く変わっているだろう。

略奪愛で良かったんじゃないかと。

 

このように、それに至るまで色々なストーリーがある。

常識も同じなのかもしれない。

常識は不変ということはなく、その場所、その集団によるストーリーがあって、常識が作られている。

私たちはストーリーの中で生きてるのだ。

スポンサーリンク