【離婚する前に読んでほしい】結婚がうまくいかない2つの原因

結婚がうまくいかない2つの原因
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

様々な価値観を受け入れようとする昨今。

「人それぞれ」と「なんでもあり」の境が難しくなっちゃった。

私は、そう感じている。

 

最近、友達の先生に「授業していて衝撃を受けた」という話を聞いた。

 

ある授業で「結婚するならどんな人がいいか」と、高校生にアンケートを取ったらしい。

すると、「結婚したくない」と答える生徒がすごく多かったそうだ。

全体の何割の高校生がそう答えたかはわからない。

しかし、その先生は「こんなにいるの!?」と思ったようだ。

 

 

”人はいつかは結婚する”

 

 

そんな考え方も、もう変わってきているのかもしれない。

婚姻届を出さない「事実婚」なんかもあるし。

 

 

あるYouTubeを見ていたら、今では結婚した3組のうち、1組は離婚しているそうだ。

3割3分3厘。

プロ野球なら優秀な打者で、かなり打つ。

 

そう。

離婚も結構あるので、結婚はめちゃくちゃむずいことなのだ。

 

結婚がうまくいかない2つの原因

 

周りの友達を思い浮かべてみた。

確かに、みんながみんな結婚が上手くいっているわけではない。

 

離婚した人もいるし、離婚していないけど離婚の話をした人もいる。

パートナーには言えないけど、たくさんの不満や悩みを抱えている人もいる。

やはり、結婚はそう簡単なものではないらしい。

 

 

なぜ、結婚はうまくいかないのか。

 

 

そんな問いにぶち当たった私は、ある本をきっかけに”結婚がうまくいかない2つの原因”にたどり着いた。

その2つの原因について書き綴ります。

 

人は移ろいゆくもの

 

結婚がうまくいかない1つ目の原因。

それは「人は日々変わることを忘れている」ことだ。

 

”諸行無常”という言葉がある。

仏教の言葉で、意味は「万物はいつも流転(るてん)し、変化・消滅がたえないこと。」

 

 

パートナーと長い期間一緒にいると「昔はもっと〇〇○だった」というフレーズが出てくる。

 

「昔はもっと優しかった」

「昔はもっと面白かった」

などなど。

 

パートナーとすれ違ったとき、つい過去と今の姿・態度・スタンスを比較してしまう。

 

「あのときの○○君はどこに行ったんだ!!」

 

そう思って、今のパートナーが嫌になったりする。

 

 

なぜ、こんなことになってしまうのか。

それは、”人は移ろいゆくもの”だから。

まさに”諸行無常”。

 

10年前と今が全く同じわけがない。

経験していることも増えているし、細胞も入れ替わっている。

精神的にも物理的にも、あのときとは違うのだ。

あなたも私も。

 

そのことを忘れて「あのとき」に縛られていると、相手とうまくいかない。

相手も私も「日々変わっていること」を忘れてしまうと、自分本意になる。

そして、相手とうまくいかなくなるのだ。

 

 

期待しすぎ

 

結婚がうまくいかない2つ目の原因。

それは「相手に期待しすぎ」

 

 

結婚するとき、誓ったはずだ。

「生涯、この人と共に生きるんだ」

 

その誓いを相手にも求め過ぎてはいないだろうか。

 

「これまで色々話してきたし、自分のことはわかってくれている」

「ずっと一緒に暮らしていくんだし、協力して当然」

 

このように、パートナーに対してめちゃくちゃ期待値が上がっていないだろうか。

この”期待しすぎ”は、うまくいかない原因となる。

 

例えば。

家事を分担していて、自分は食器洗い担当だったとしよう。

その日は仕事が遅くなってしまって、パートナーに連絡していた。

 

「明日も朝早いことは知っているし、お皿は洗っておいてくれるだろう」

 

そう思って帰ったら、お皿は洗わずにシンクに入ったまま。

 

「はっ!?洗っておいてくれてもいいだろう!」

 

これ的な経験、ありませんか?

こういうこと、めちゃくちゃある気がする。

 

でもこれって、「自分が相手に期待し過ぎ」なだけ。

 

相手も洗おうと思ったけど、それよりもやらなきゃいけない事情があった。

期待し過ぎていると、そんな相手の事情を考えるゆとりがなくなってしまう。

そして、相手のことが嫌になっていく。

 

さらに悪化すると「お前がその感じなら、こっちもそうするわ」的な考えになる。

そして、相手のことがどんどん嫌になる。

 

 

結婚をうまくいかせる解決方法とは?

 

私は上記2つの原因で、結婚はうまくいかないと考えている。

 

離婚することもあると思う。

相手がめちゃくちゃ傷つけてくるんだったら、離婚した方がいい。

 

 

でも、上記2つが原因で離婚しようと考えている人には、伝えたい!

上記2つの原因って、相手変えても解決しないから!!

 

「人は移ろいゆくもの」「期待しちゃう」は、相手が誰だろうと関係ない。

自分発信の原因だから。

 

 

この2つの原因を解決するのは簡単ではないと思う。

日々変わっていることなんで実感できないし、相手にはやっぱり期待しちゃうし。

 

「じゃあどうしたらいいのか!?」とブチ切れられそうだけど、私もわかりませんすいません。

 

 

でも、この2つの原因が人として解決するのが難しいのなら、受け入れるしかない。

その上で、いかに気持ちを安定させることができるのか。

 

それが、唯一私たちができることではないだろうか。

 

「やべ!今、相手に期待し過ぎちゃった!」と気付けるだけで、これまでと違うはず。

 

ちょっと自分のことを客観的に見れる気がする。

 

そうやって、私たちはうまくやっていくしかない。

 

 

参考:反応しない練習 草薙龍瞬

 

上記の記事を書くに至ったのは、下記の書籍のおかげです。

ブッタや仏教に興味はなかったですが、色々な方がオススメ本として紹介されていたので、読んでみました。

面白かったです。

周りの状況に反応しまくってるなと感じている方に、お勧めです。

 

 

スポンサーリンク