生徒はダメでも、教師である私は髪を染める。〜頭髪指導のパラドックス〜

白髪
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

先日、『P&G、「髪型校則に関する調査」の結果を発表、7割の教員が髪型校則に疑問』というニュースを見ました。

 

教員の7割が髪型校則に疑問!?

そんなに疑問感じてるんですね!?

 

あらっ!

みんなで話し合わなきゃっ!

 

とすごく思ったので、まず自分がどうなのか考えてみました。

 

頭髪指導をめぐるパラドックス

 

校則については、私も色々考えながら先生をやっています。

 

 

上記の記事でも書かせていただきましたが、頭髪指導にはある種のパラドックスがあります。

それは、

”生徒はダメでも先生は染めている”

 

「そりゃそうでしょ。」と思いますが、よく考えるとこれって結構不思議だと思うんです。

生徒は染めたいのに、髪染めてる先生に『ダメ!』って言われて納得できるって、すごいことです。

生徒と先生の間に何か”共通認識”があって、このパラドックスが成立しています。

先生も生徒も髪型校則に疑問があるのに全然変わらないって、この”共通認識”のおかげではないでしょうか。

この”共通認識”がなんであるかみんなで話せる機会を作れば、何か変化が起きる気がします。

 

生徒がだめでも、私は染める

 

頭髪指導における”共通認識”を利用して、私は髪を染めています。

私は何をどう言われてもいまは髪を染め続けます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

だって、白髪が・・・(´;Д;`)

 

生徒は先生をよく見ている

 

私に白髪があることを教えてくれたのは生徒でした。

 

ある日、授業中に黒板に板書していると1番前の生徒が『あれ?』と言いました。

私はその生徒の声が聞こえましたが、とりあえず流して板書し続けました。

すると、どんどん教室が騒がしくなっていきました。

私は板書しながら『なんだーどうしたの?』と問いかけました。

 

生徒「先生、そのまま動かないで。」

 

先ほど「あれ?」と発言した生徒が、私に制止を求めます。

怖い。

教室の雰囲気にふざけた感じがなかったからです。

 

「先生、授業中だけどスマホのカメラ使っていいですか?」

「え?なんで?」

「いま先生撮るから、見て欲しいんです。」

 

怖すぎる。

絶対霊的な何かが視えてるんだと思いました。

恐怖が半端なかったですが、「むしろ撮ってくれ」と懇願しました。

 

カシャ。

「先生、ほら、見て。」

 

 

 

*写真が白髪ネギですが、現場は私のつむじにかなりの白髪が写っている写真でした。

 

 

 

ヒィィィィィィィィィ!!

 

私にとっては、霊的なものとは違った種類の恐怖画像でした。

まさか、こんなにも白髪が生えているとは。

生徒ってよく見ています。

板書より私のつむじ見てくれているとは、本当にありがたいです。

 

大切なのは「なぜ?」を伝えること

 

白髪を発見してもらい、私はすぐ決心して生徒に伝えました。

『私、白髪があることが嫌だから髪染めてきます!』

 

私の中で、「自分は染める」ことを伝えないとスッキリしなかったので生徒に宣言しました。

「私は染めるけど、みんなには染めちゃダメっていうことがあるから。」ということもしっかり言いました。

 

こんなこと言う必要はなかったかもしれません。

でも、「なぜそうしているか?」を伝えることって大切だと思っています。

「言わなくてもわかる」的なことを積み重ねていくと、うまくいかなくなります。

恋人同士でも、こういうことありませんか?

だから私は、結構自分のために『白髪を隠したいから染める!』と生徒に伝えました。

そのとき、生徒から何も言われなかったし、『先生はそうした方がいい』とも言ってくれる子もいました。

 

『なぜ?』を伝えることって大切です。

スポンサーリンク