【偏差値45→60にUP】現役教員が教える中堅大学に合格できる数学の勉強法

希望
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響で、

これまでの学校教育に対する価値観が変わりそうな今日この頃。

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

自分1人で勉強している子どもたちも多いのではないでしょうか。

1人で勉強することの何が難しいって、

何を、どう使って、勉強していくか。

 

これを、自分で考えていくのは、結構むずいっすよね。

(でも、これを考えられることが社会人として大切なことだったりします)

 

 

どうやって勉強したらいいかわからないよ!

特に数学コノヤロー!!

 

 

こう今にも叫び出しそうな高校生の皆さん!

 

そんな皆さんの助けになればと思い、

現役教員として試行錯誤する私がいまたどり着いている

数学の勉強方法をご提案します!

 

こんな高校生を対象としています

 

私がご提案する勉強方法は、以下のような高校生が対象です。

 

・数学がそんなに好きじゃない

・どう勉強したらいいかわからない

・一般入試で中堅大学合格レベルを目指す

 

まず”数学がそんなに好きじゃない”という人!

”そんなに”がポイントです。

 

数学が嫌いな人は、周りからどんなに勉強しろと言われようとも勉強しません。

 

例えば、

嫌いな人を好きになれって言われても、絶対無理ですよね。

だって、嫌いなんだもん。

 

”そんなに好きじゃない”くらいであれば、

今回ご紹介する方法で、助けてあげることができるかもしれません!

 

”そんなに好きじゃない”レベルの人であれば、

できるようになれば、好きになってくれたりするものです(*´∀`*)

ちょっと、本気でやっちゃいましょう!

 

 

そして、”どう勉強したらいいかわからない”という人!

 

ちょっときつく聞こえたらすいません。

勉強できる人って、休校になっても全然問題ないと思います。

こういう状況でも、どう勉強しようか自分で考えて行動できるから。

受験勉強なんて、結局は自分1人でやるものです。

 

この状況で困っているのは、

勉強は好きじゃないけど、やらなきゃいけないと思ってて、

でも何をしていけばいいか自分で選択できない方々なのです!

 

大丈夫!

現役教員である私が、

「とりあえずこれやっとけば間違いない」という勉強法をお伝えします!

 

 

ご紹介する勉強法は、

”一般入試で中堅大学合格レベルを目指す”という人向けのものです。

 

あくまで一般入試。

そして、中堅大学合格レベルです。

 

これは、私自身がそうだったし、

これまで私が提案した勉強法で、

中堅大学レベル以上に合格できた子たちがいます!

 

個人的に、

一般入試を経験したことがすごく良かった。

 

受験勉強を通して学んだことが、

今の自分の強みになっています!

 

 

そして何より、

合格したときがめちゃくちゃ嬉しかった!

 

自分の努力が点数で合否判定されるって、

シビアだけどすごくわかりやすい。

そんな競争を突破できたときの喜びは、ハンパなかった。

競争がいいか悪いかわかりませんが、

大きな達成感と喜びは得られます。

 

ということで、これから提案する勉強法で

偏差値45→60にUPを目指しましょう!

 

大学受験のハードとソフト

 

大学受験は、本当に過酷です。

 

「今は大学なんて選ばなきゃ入れるでしょ。」

なんて雑な言い方、聞いたことありませんか。

 

実際、20年前くらいに比べたら入りやすくなっています。

今は倍率も低いし、大学の数も増えたし。

それでも、人気がある大学は簡単ではありません。

 

私は大学受験の対策はハードとソフトの2つに分けて考えています。

 

大学受験におけるハードとは、

勉強方法や勉強する環境づくり。

 

大学受験におけるソフトとは、

メンタルコントロール。

 

ハードとソフトの両方をバランス良く対策する。

これが大事です!

 

ハード対策

 

まず、大学受験における5つのハード対策をご提案します。

 

①使用テキストは数研出版のチャート式

 

使用テキストは数研出版のチャート式がオススメです!

なぜかというと、

良問が揃っていて、解説が丁寧!

 

チャート式って、ここは抑えておきたいっていう良問が揃っています。

中堅大学を受験するためのパターンは網羅されています!

 

そして、解説が丁寧なのがチャート式の良いところ!

 

「答えだけ書かれていても、そこにたどり着く件がわからん」

っていうこと、数学多いんですよね。

 

安心してください。

チャート式は解説がついたものが別冊になっています!

そして、めちゃくちゃ丁寧&親切!!

 

・・・

 

ここで、私から数学の勉強法一口メモ!

いくら解説が丁寧でも、途中式を見て「なぜ、こうなるの?」とわからない部分が必ずあります。

 

その「なぜ」が自力で解消できるようになると、

かなり数学力がつく!

 

私も、最初は途中式がいくら丁寧に書いてあっても、わからないところだらけでした。

「これだけ途中式あってもわからない私はバカ・・・?」

と心が折れそうになることがいっぱいありました。

 

しかし、あるとき気づいたのです。

 

これって、私が成長できるポイント・・・かな?

 

どういうことかというと、

解説の作成者は、私のつまずいているところなど説明不要と思っているから、書いていないのです。

そんな説明不要な箇所が自分はわからない。。。

 

「説明することでもない。普通に考えればできるだろ」的な箇所。

その部分をしっかり理解していくことが、数学の基礎力アップにつながります。

 

例えば、カレーを作るとします。

「じゃあまず切った野菜と肉を鍋で炒めて、その後に水を入れて・・・」

と説明されます。

 

「えっ?まず野菜どうやって切るの?」

 

料理をやらない人はそこに引っかかるわけです。

料理ができる人からすると「え?そんなの適当に切ってさー」みたいな感覚です。

 

数学を勉強しているときも同じ。

途中式見てもわからない部分が出てきたとき「できねぇ」と思うのではなく、

その部分をしっかりできるようにすることを意識してみましょう!

 

それを続けていると、だんだん引っ掛かりが少なくなり、

数学を勉強するのが楽勝になります。

 

 

さて、チャート式には『青チャート』や『黄チャート』など、

表紙の色でレベルが分けられています。

私のオススメは、

黄チャート!

 

 

そんなに数学が好きじゃなくて、中堅大学の学力を身につけるにはベスト!

ただ、購入する際は本屋で必ず中身を軽く確認しましょう!

 

黄チャートだとちょっと難しいと感じれば白チャート。

 

 

黄チャートだと簡単すぎるぜと感じれば青チャート。

 

 

自分が「これでやるんだ!」と納得したものを買いましょう。

 

 

***

 

さて、テキストを購入して次に考えるのが、

どのくらいのペースでやるか問題。

 

この問題は簡単に解決できます。

 

ペースなんて、人によって違うo(`ω´ )o

 

自分が合格するために、必要な分野。

自分が得意な分野。

自分が不得意な分野。

自分が受験勉強を開始する時期。

自分が1日に確保できる勉強時間。

 

人によって、条件は様々です。

 

しかし!

試験の日は決まっています!

 

つまり!

試験日から逆算して考える!

そうすれば、自分のペースは勝手に決まります!

 

100ページのテキストを勉強しなきゃいけないとします。

試験日まで残り100日。

毎日勉強するなら、1日1ページ。

2周したいなら、1日2ページ。

・・・

 

このように、

どのくらいのペースでやるかはどうかは勝手に決まるものです。

 

「毎日5ページやーろおっと」ではなく、

試験日から逆算してペースを意識しましょう!

これが数学的思考なのだ!!(ドーン)

 

 

***

 

 

最後に、

チャート式でオススメ演習方法をお伝えします。

 

チャート式って、めちゃくちゃ分厚いです。

「これ全部やるのか」と思うと、やる気なくなります。

 

そこで、演習する上で大切なポイントは2つ!

①できる問題は絶対やらない

②まずは例題だけやる

 

①できる問題は絶対やらない

問題を見て「このパターンはできるな」と思うのは、やる必要なし!

解けるからやりたくなってしまいますが、そんな問題飛ばしましょう。

 

なぜ、勉強しているのか?

それは、できない問題をできるようにするため

 

問題を見た瞬間「これできる」とわかる問題は、

試験当日も必ずできます!

 

効率良く進めるため、できる問題はやらないようにしましょう!

 

 

②まずは例題だけやる

 

これは数学に限った話ではないかもしれませんが、

提示される問題を1から順番に100%理解しながら勉強するのは、

ちょっと違うなと思います。

 

 

よくわからないことがあっても先に進み、全体像を知ることが大切です。

 

 

例えば、マラソン。

コースもゴールもわからず、ただ42.195km走れって言われたら地獄。

でも、コースやゴールの場所など、全体が意識できればやる気が出ます。

ペース配分もできます。

 

数学も一緒です。

2次関数で平方完成がなかなかできなくて、先に進まず練習ばかりすると、

「つまんねえ」

「これなんだよ」

など、良くない気持ちが生まれます。

 

でも、平方完成をマスターしてなくても先に進むと、

「こんなところに使えるのか」

「こういう使い方もできるのね」

と感じることができます。

「じゃあ平方完成できるようにしなきゃダメだな」と考えられるようになるのです。

 

全体像を知ることは、大切です。

よって、まずは例題だけをどんどん解きましょう。

 

 

チャート式には1ページに1つ例題が掲載されています。

例題の下にはすぐ解説が記載されています。

 

解説を隠して、どんどん例題だけを解く!

ちょっと考えてわからなかったら解説を見ちゃう。

解説を見ることは悪ではありません。

 

区切りの良いところまで進んだら、戻って同じ問題を解く。

解けるようになっていたら、2度と解かない。

そうやって、自分ができる問題をどんどん増やしていきましょう!

ページの下にある演習問題は、余力があればやりましょう!

演習問題にも良問がたくさんありますよ!

 

 

②中学の復習なんていらない

 

中学の数学から復習しないと、高校のレベルなんて解けない。

こんな声を聞いたことがあります。

 

確かに、数学は積み上げの科目なので、中学数学の知識は必要です。

中学数学は、絶対できた方がいい。

 

でも、

中学数学の復習する時間は必要なし!!

 

 

必要ない理由は1つ。

高校の内容にも、中学数学ってモリモリ入っているから!

 

高校数学を勉強することが、中学数学を復習することになります。

 

中学数学の分野では、三角形の合同など証明問題を苦手とする子が多いです。

(私もそうでした。)

 

高校数学でも証明問題っていっぱい出てきます。

だからって、中学の証明問題を演習する時間なんていらないです。

高校の問題やってると、絶対中学の問題が簡単に見えてきます。

 

数学って、

小学校、中学校の基礎ができていないとその上のレベルは積み上がっていかない

 

 

↑こんなイメージありませんか?

 

上で「数学は積み上げの科目」と言ってしまいましたが、

私の数学に対するイメージは以下のようなものです↓

 

 

高校数学の中に、これまでのものって全部入ってるんですよ。

だから、わざわざ中学数学の復習する必要はなし!

高校数学を本気でやっていれば、いつの間にか中学数学もできるようになります!

 

③学校の定期試験は常に100点

 

「学校の試験なんてどうでもいい。受験勉強が大切!」

たまに、こんな考えの人がいます。

 

私はそうは思いません!

理由は1つ。

試験範囲が1〜2ヶ月勉強した範囲の定期テストをどうでもいいと考える人が、高校3年間の範囲の大学受験を突破できるとは考えられないから。

 

学校の定期テストくらい、ちょろっと攻略してほしいのです。

しかも100点を取ること!!

これ、絶対。

100点を取ると、自分の中ですごい意識改革が起こります。

 

まず、100点取ると、次も100点取りたくなるものです。

点数下げたくないし、周りも「100点取るやつ」キャラで見てきます。

自分への期待を裏切りたくないので、なんか頑張っちゃうのです。

 

あとは、できる自分が当たり前になって欲しいんです。

悪い点ばっか取っていると、人間ってその点数に慣れてきます。

 

良い点を取ると嬉しい

現実は悪い点ばかり

悪い点は辛い

また、悪い点

辛い。そんな自分を受け入れることができない

 脳の都合の良い書き換え

悪い点でも別にいい

 

 

このように、脳は自分の中の葛藤があるとき、無意識のうちに葛藤を解消するために都合よく書き換えるものなんです。

これは【認知的不協和の理論】と呼ばれます。

 

こうやって負け癖みたいなものをつけないために、

常に100点を目指しましょう!

 

 

④わからないところを教えてくれる人を見つける

 

1人で勉強していると、自力では理解できないところが出てきます。

そこで、わからないところを教えてくれる人はいた方が良いです。

 

勉強ができる友達を見つけるでもいい。

気軽に聞ける先生を見つけるでもいいです。

 

でも、友達や先生も自分のために常にスタンバイしているわけではありません。

聞きたいときに「今忙しい」とか言われます。

 

塾の先生はかなり有効です。

特に個別塾。

自分のわからないところを教えてもらう環境としては抜群です。

でも、お金がかかります。。。

 

そこで、私がオススメする今っぽいやり方は、

SNSで勉強アカウントを作ること!!

 

ツイッター等で数学でわからないところを呟きます。

そうすると、数学好きの優しい方が教えてくれます。

 

私もツイッターをやっていて、勉強アカウントを作っている高校生を多く見かけます。

結構助けてくれる人がいるようで、素敵な使い方だなと感じています。

 

『SNSの勉強垢を活用して大学に合格した高校生』とか、

めちゃくちゃかっこいい!!

 

⑤脳にあった勉強法を実践する

 

次に紹介する方法は、私が高校生のときは実践できなかったものです(TOT)

 

脳科学の本など読むと、

脳の仕組みにあった勉強法があることを知りました。

 

そこで、私が『脳が認める勉強法@ベネディクト・キャリー』を読んでいいなと思った2つの勉強法をご紹介します。

 

■行き詰まったときは、短い休憩を取る

数学をやっていると、めちゃくちゃ行き詰まることってよくあります。

 

どう解いたらいいのかわからない。

この解説が何を言っているのかわからない。

あーもうイライラするうぅぅぅ!!!

 

 

そんなときは、5〜20分の休憩を取っちゃいましょう。

SNSチェックするでもいいし、ちょっとゲームやるでもいい。

何してもOKです!

 

ただ1つ。ポイントがあります。

それは、

問題を解く意欲は失わないこと。

 

そうすれば、例え問題から離れていても、

無意識に脳はその問題のことを考え続けています。

さらに、問題から離れることで自分の固定概念や間違った考え方から解放された状態で考えることができるようになります。

 

行き詰まったら、迷わず短い休憩を取っていきましょう!

 

 

■インターリープ

『インターリープ』という言葉をご存知でしょうか。

これは幅広いテクニックを習得するためのテクニックの1つです。

 

『インターリープ』とは、1度の練習時間に複数のことを混ぜるという方法。

 

つまり、

2時間ずっと2次関数を練習するより、三角比をやったり、微分の問題を解いたりするのです。

こうすることで、判別する力を磨くことができます。

 

大学受験における数学で難しいのは、

この問題は何を使って解くのか判別すること。

 

これができれば、とりあえず問題に取り掛かれます。

インターリープ』は、問題を見て適した解法を見つける力を鍛えることに非常に有効です。

 

ソフト対策

 

続いて、受験勉強に挑むメンタルコントロール等のソフト対策を4つご紹介します。

 

①ご褒美作戦

 

最初にご紹介するのは、

私も実践していて非常に有効だったソフト対策。

それは、

勉強頑張ったら、自分で自分にご褒美をあげること。

 

私は、頑張ったら午後ティー or じゃがりこをご褒美にしていました。

ご褒美は、自分が喜べるものであれば、なんでもいいのです。

 

「ご褒美をもらうことが目的の勉強なんて、勉強じゃない」

私もこう思います。

 

でもこの記事を読んでくれて頑張ろうと思っている方は、

ご褒美のために頑張っていいんです。

だって、この記事を読んで頑張ろうとしている人は、

ご褒美のために勉強しようと考えていないから!

 

しんどい受験勉強に、少しでも楽しみを!

そのためのご褒美作戦なのです!

 

受験勉強を楽しく継続できることが大切。

ご褒美で続けられるのであれば、それでいいです。

 

 

ご褒美作戦の何がいいって、

次のゴールが楽しみになるから、やる気が出ます。

 

小学生のとき、友達数人で「ジャンケンで負けた人が次の電柱まで全員のランドセル持つゲーム」をやったことありませんか?

 

なんでこのゲームが「みんなで楽しくやろう」って思えるかというと、

次の電柱がすぐに見えてるからだと思うんです。

電柱って、すぐ次が見えてるから、終わりがどこかはっきりわかります。

「あそこまでいけば、またジャンケンできる」

この気持ちが、みんなの荷物を持つエネルギーとなるのです。

 

もし、次の電柱が見えないくらい、めちゃくちゃ遠かったら。。。

 

多分、誰もジャンケンしようとは思わないです。

終わりが遠すぎて、次のジャンケンまで身体も心も持ちません。

 

 

ご褒美作戦は、無意識のうちにすぐ近くの電柱と同じ効果を得られます。

次の終わりを自分で設定して、自分の好きなモノがGETできる。

だからやる気が出る!

 

ご褒美作戦をうまく活用して、自分のやる気をコントロールしましょう。

 

②不純な動機でもいい

 

「その大学に入ってなにを学びたいのか。」

 

志望する大学を選ぶ際、こんなことを学校や塾は言ってくるかもしれません。

このアドバイスは、すごく大切です。

 

 

でも、

もっと不純な動機でも別にいい!!

受験勉強のやる気に繋がるなら!

 

 

例えば、

習い事でバスケットボール始めるときに、

「将来はNBAに行きたくて」

という立派な動機ばかりではないはずです。

 

「なんか、やったら楽しかったから」

「バスケやってる人ってかっこいいから」

そんな動機でバスケを始めて、ずっと楽しんでいる人もいます。

 

大学受験も、真面目で立派な動機じゃなくてもいいと思うんです。

 

「芝生があるキャンパスで、キラキラした大学生活を送る」

 

こんな不純な動機でもいい!

こういう動機のほうがやる気になれたりするし!

不純な動機で合格しても、入学すれば周りの影響受けて真面目な動機も見つかります!

 

本気で受験勉強できるなら、不純な動機でもいい。

 

世間的に公表する動機。

自分の中だけの動機。

2つの動機を、うまく使い分けちゃいましょう。

 

③今まで本気出してないだけ

 

受験勉強をすればするほど、自分のできないところが見えてきます。

「あー。なんてオレはバカなんだ。」

そんな風に思ってしまうこともあります。

 

こんなときは、こう考えましょう。

「自分はバカじゃない!今まで本気出してないだけ!」

 

 

受験勉強期間において、

ネガティブに考えてやる気がなくなり、凹んでいる時間は無意味!

時間がもったいない!

 

 

いつも励ましたり、元気付けてくれるのは自分だけなんです!

 

 

苦手な分野に直面したら、

 

なるほど。難しい。

今まで本気出してなかったから理解できなかったけど、

今のオレは違うんじゃあああぁぁぁ!!!!

 

と、心の底から本気で思い込んでください。

人間は気持ちに大きく左右されるものです。

 

敵は自分です。

 

④行きたい大学を見学する

 

志望校が決まったら、

必ずその大学へ見学に行きましょう!

 

学校でもよく言われますが、これは本当にそう思います。

私も高校生のとき、実際に見学に行ってよかったと感じた瞬間がありました。

 

 

私はA大学を志望していたので、

A大学のオープンキャンパスに参加したんです。

 

キャンパス内を見学している途中、トイレに入りました。

すると、トイレの扉がウエスタンドアだったのです!

画像:

画像:オーダー家具のKINOKA

 

 

 

おい、マジかよ。

 

 

 

人生で1番ひいた瞬間でした。

これが理由で、私はA大学を志望校から外しました。

 

 

この経験を通して私が学んだこと。

それは、

”実際に足を運んで、初めてわかることがある”ということ

 

まさか自分が大学のトイレに大きな影響を受けるとは思いませんでした。

それ以来、私の人生において”トイレが自分好み”であるかが大切なポイントとなっています。

 

 

頭で考えるより、実際に大学の空気を肌で感じる。

その時間は絶対に無駄ではないです。

 

「あー合格したら、自分はここに通うんだ。」

このイメージ持つことが、受験勉強の支えになります。

 

誰のせいにもできない大学受験

 

受験勉強って、1人でやっているわけではありません。

 

ご飯作ってくれたり、勉強する環境を提供してくれる保護者の方。

応援してくれる恋人や友達、学校の先生、塾の先生。

本当に多くの人に支えてもらっています。

 

 

でも、

最後の結果を全て受け止めるのは自分1人。

 

ちょっと、厳しい言い方をしてしまって、すいません。

でも、大切なことなので、最後にちゃんと伝えます!

 

自分が大学に合格しようが不合格しようが、

結局、他人に大きな影響なんてないんです。

 

周りの人は本気で喜んでくれたり、悲しんでくれたりします。

でも、所詮は他人事です。

 

大学に合格して感じる喜びは、本人が1番大きいはずです。

大学が不合格になって感じる辛さは、本人が1番大きいはずです。

 

大学に合格したら、周りに感謝するかもしれません。

大学が不合格だったら、誰かのせいにしたくなるかもしれません。

 

自分が色々なことを考えたり、

周りが色々な反応をしたりすると思いますが、

 

この結果になったのは、全てあなたのおかげ(せい)でしょ。

 

最後はこの一言でまとめられます。

 

 

この世の中、結果がどうであれ、

全て自分に返ってくるものです。

 

 

大学受験の結果は、誰のせいにもできません。

 

 

だからこそ、

大学入試って、面白いです。

 

今回提案させて頂いたことが、

少しでも誰かの助けになることを祈っています。

 

さぁ。

合格しちゃいましょう。

スポンサーリンク