出会いたければ、普通の合コン行くのはやめちゃおう!

encounter
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

社会人になりお酒飲んでると『出会いがないんだよねー』って言う友達が増えませんか?

 

私の周りにもいます。

 

30代後半にもなると『出会いがない』がより深刻な問題になってきて、打開策をガチで求める友達がいます。

 

 

これは私の微々たる経験からの話ですが、『出会いがない』という悩みを抱える人って、それなりの数の合コンをこなしてませんか?

 

その上で『出会いがない』にたどり着いているように感じます。

 

合コンって出会いの場じゃないのかと思うのですが、もはや彼らの中では認定されていないようです。

 

 

“合コンなんかじゃ仲良くなれない”

 

そう感じてはいるものの、やはり合コンしないと何も始まらないというジレンマにもがいているように感じます。

 

 

私はこの手の話になるといつも思います。

 

 

普通の合コンなんてやめちゃえー!

 

 

私はパートナーがいるのでこんな事が言えるのかもしれませんが、でも本気で思っています。

 

もし私が30代後半で出会いを求める立場だとして、なぜ普通の合コンなんてやめようと考えるのか…

 

私の仲間の中で繰り広げられるプロセスをお伝えさせてください!

 

 

初対面でご飯食べて仲良くなれる訳がない

 

ちょっと強めの見出しですが、考えていることを1番シンプルにすると見出しに示した通りになります。

 

まず、私が考える普通の合コンとは2男女で複数集まって、お酒&ご飯食べるスタイルです。

 

 

30代も後半になれば、色々な人を見てきています。

 

色んな経験もしています。

 

そんな大人が2~3時間ご飯を食べても仲良くなれるとは思えないのです。

 

 

理由は3つです。

 

①それぞれ最高の自分を演じてる

気に入ってもらおう、その場を楽しくしようとみんな演じていて、2~3時間なら大人なのでボロを出さず演じきります。

 

 

②やってることがつまらない

初対面の男女が集まってご飯食べても、対して面白くないです。仕事・休みの日は何してるかみたいな話からスタートして、お互いのパーソナルデータを交換し続けながらのご飯って、結構苦痛です。

初対面では自分が楽しいと思う話ばっかりできないし、探り合いの時間が発生するので、楽しくないと思うんです。

 

 

③第一印象が大きく影響する

「初めましてー」って言いながら「今日はないわー」と瞬間的に判断すること多いと思います。

なぜなら、合コンにおいて外見は非常に重要だからです。

どんな人かなと妄想しまくって合コンに臨んでいるので、相手に対してかなりハードルが上がっています。

相手が満足する第一印象を与えられなかった場合、その後のご飯食べる程度の活動では自分の魅力を挽回するのは難しいです。

 

以上なら3つの理由から、ただ食べて飲むだけの合コンでは男女の良い出会いは誕生しにくいと考えます。

 

 

良い出会いとは何なのか?

 

私たちはどの部分で「これはいい出会いかも!」とスイッチが入るのでしょうか?

 

 

私の独断と偏見で分析したスイッチが入るときは、

 

 

相手の”非認知能力”に魅力を感じたときです。

 

”非認知能力とは”

IQなどで測れない内面の力のこと。

 

非認知能力は以下の3つに分けられる

①社会性(人とコミュニケーションをとることができる)

②やり抜く力(最後まで粘ることができる)

③安定した心(感情を上手くコントロールできる)

出典:https://www.sukusuku.com/contents/qa/143200
   https://hugkum.sho.jp/7941

 

 

幼児教育において”非認知能力”を育むことが重要と言われていますが、男女の出会いにおいても重要だと私は感じます。

 

上記に示した①〜③の能力って、好きになる上ですごく重要じゃないですか!?

 

コミュニケーション取れない田中圭は嫌だし、なんでもすぐ「めんどくさい」って言う深キョンは嫌だし、情緒不安定な綾瀬はるかも嫌です。

 

いくら格好良かったり可愛かったりしても、”非認知能力”が低いのはNG。

 

 

”非認知能力”は魅力ある人間であるための絶対条件です!

 

つまり、良い出会いを創り出すにはお互いの”非認知能力”を披露する場が必要なのです!

 

 

体験を共有しちゃおう

 

相手のリアルな非認知能力を知るには、何か一緒の体験を共有することです。

 

それはお互い初めての経験だったり、とにかく楽しめるものがいいと思います。

 

 

私がこれまで経験した中でオススメできる3つをご紹介します。

 

①謎解き脱出ゲーム

1つ目は、脱出ゲームです
関連記事:リアル脱出ゲームを本気で楽しむとわかる集団の中のジブン

 

みんなで協力しないといけない場を強制的に要求され、かつめっちゃ面白いのでみんなの”非認知能力”が溢れだします。

 

 

②陶芸体験

 

みんなでモノづくりをする時間は、それぞれの”非認知能力”を存分に発揮することとなります。それに加えて、相手の感性も垣間見えるので最高の時間となるでしょう。

 

 

③フォレストアドベンチャー

 

最後にオススメなのは、フォレストアドベンチャーです。

 

自然の中でただ一緒に遊ぶと言うのは、意識せずとも”非認知能力”が試されます。

 

さらに、男女の出会いにおいてこのフォレストアドベンチャーは吊り橋効果も発揮され、良い出会い発生確率はかなり高いでしょう。

 

 

良い出会いがなくてお困りの方へ。

 

ただご飯を食べる出会い方ではなく、上記のような体験をまず共有しちゃうのはいかがでしょうか。

 

もし良い相手がいなくても、やってることが楽しいのできっと過ごした時間を後悔することはないと思います!

 

お試しあれ!!

スポンサーリンク