嫌なニュースが伝えたいこと

嫌なニュースが伝えたいこと
スポンサーリンク

こんにちは。

burikoです。

 

 

こちらをご覧ください。

 

 

yahooでのトップニュースの上2つが、教員の事件でした。

 

 

私は昔から思っていたことがあります。

 

ニュースって、なんか嫌なこと取り上げるが多い気がする。

 

 

 

特に、学校・教員に関するニュースって、事件・事故のことがすごく多い気がするのです。

 

『こんな新しい教育が始まってるよ!』みたいな楽しそうなニュースがトップになるのをあまり見たことがありません。

 

 

悪いことした人が自営業とか会社員だと、対象とする範囲が大きいのでフワッとしてますが、教員だと「普段子供達に教育してるあの人たち」となります。

 

 

こんなニュースばかりじゃ、教員志望の人がどんどん減っていく気がしてしまいます。

 

ただでさえ、減っているのにっ!

 

 

なぜ!?

なぜ、イメージ悪くなるようなニュースばかり流すんですかー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!?

 

 

嫌なニュースを取り上げる意味とは

 

嫌なニュースばかり取り上げる意味ってなんでしょう!?

 

 

 

その問いを解消してくれたのは、池上彰さんでした。

 

 

ある番組で次のようなことをおっしゃっていました。

 

 

 

”ニュースが取り上げることで、みんなが考えるきっかけになる。”

 

 

 

 

Σ(・□・;)!!

 

池上彰さんに気付かされました。

 

 

嫌なニュースは、私たちに今考えるべき問いを与えていたのです。

 

みんなで考えて次に活かすために、あえて辛いこと・嫌なことを取り上げる必要があったのです。

 

 

教育って誰もが関心があることだと感じています。

 

学校ってどんなことしてるかイメージしやすい。

これは、多くの人が生徒として学校教育を受けた経験があるからです。

 

 

”学校はこうあってほしい”

 

”先生はこうあってほしい”

 

”生徒はこうあってほしい”

 

 

みんながきっと想っていることがあるはずです。

 

 

嫌なニュースを見て、「先生ってヤバいな。」とか「こんな先生ばっかりじゃないよね。」で終わりではなく、「なぜ、こういうことが起きるのか?」をみんなで話さないといけないと感じました。

 

 

教員として、ただ自分だけ気を付けようではダメですね。

 

 

それでも楽しい話・良い話は聞きたい

 

ニュースで嫌なこと・辛いことを取り上げる意義はすごく理解できました。

 

それでも、嫌なことばかり聞くとやっぱりテンション下がります。

 

学校教育に関する報道も嫌なことばかりでは、イメージ悪くなります。

 

どこかでポジティブな話聞くことも必要です。

 

 

だって先生やってて良いこと、楽しいこともいっぱいあるはずだから!

 

ニュースでなかなか扱えないなら、現役の先生が伝えていかなきゃという想いが込み上げております!

 

 

先生やってて良いことってなんだろう( ´ ▽ ` )

 

スポンサーリンク